08.九州・沖縄地方

2015年12月14日 (月)

ゴジラ60周年ロケ地巡り~『ゴジラvsキングギドラ』③(福岡・札幌~その2)

今年10月と11月、また福岡と札幌へ出張の機会に恵まれたので、『ゴジラvsキングギドラ』でまだ巡れていなかったスポットを中心にロケ地を探訪してきました。

◆中洲周辺
『ゴジラvsキングギドラ』(1991)より
Vs_09Dsc05824re
ここ最近の福岡出張は博多駅周辺での仕事が多かったのですが、今回の出張は久々に中洲川端周辺でのお仕事ということで、宿はキングギドラの影が映るこの「福博であい橋」のカットを撮影したと思われる、「博多エクセルホテル東急」さんに決定。これまで何回もアプローチしてきましたが、今回は川沿いの、しかも割と上層階のお部屋ということで、「やったぜエミー!」と思わずガッツポーズrock
どうでしょう。本編はさらに上の階、もしくは屋上から狙っているようですが、ポジション的には近いと思いませんか?

『空の大怪獣ラドン』(1956)より
_1Dsc05832re
こちらも、もはや恒例となっていますが、「西大橋」のラドンの襲撃カットと現地写真の比較です。前回訪れたのは夜だったので…。

Dsc05830re
花関ビル」の跡地に建った新しいテナントビル「prato NAKASU(プラート中洲)」です。

◆長浜
『ゴジラvsキングギドラ』(1991)より
Vs_01Dsc05852re
ここからは新ネタです。早朝、仕事前に少し足をのばして長浜へとやってきました。博多港に架かる斜張橋は、福岡都市高速道路の「荒津大橋」(1988年完成)です。

Dsc05865reDsc05862re
本編で手前に映る倉庫群は近年取り壊され、現在はマンションになっています。

Vs_02Dsc_5522re2
屋台『らごす』があったとされる場所付近。

Dsc05868reDsc05856re
映画公開当時空き地だった場所は、「長浜鮮魚市場(福岡市中央卸売市場鮮魚市場)」の駐車場出入口となっています。

Dsc05866re
本編は高所から俯瞰で撮影されていますが、位置的には向かい側のおそらくこのいずれかの建物から撮影されたものと思われます。

Dsc05847re2Dsc_5523re
この周辺は、夜はいわゆる長浜屋台として有名なスポットですが、福岡市の条例によって午前4時には完全撤収する決まりとなっているそうです。私が訪れたのは午前7時過ぎでしたが、通勤の車がビュンビュン通る普通の街といった感じで、ここが屋台街だと言われなければそれとは気づかないような雰囲気でした。

(2015年10月22日撮影)

◆大通公園①
Vs_007Dsc05991re
続いて札幌へ。熱線を吐くゴジラの左手に「たくぎん」と書かれた看板を掲げたビルが見えます。1997年に経営破綻してしまった北海道拓殖銀行です。本編のビルは、位置的にはその旧本店と思われますが、ウィキペディアの写真を見ると、建物の形状は実際とは大きく異なっていたようです。

Dsc06005re
北海道拓殖銀行は北洋銀行に営業譲渡され、現在は「北洋大通センター(大通ビッセ)」となっています。

Vs_009Dsc06002re
ゴジラを迎え撃つメーサー舞台の目線です。朝ですが7:00を狙ってみました。

『日本沈没』第20話「沈みゆく北海道」(1975)より
20_009
こちらは『ゴジラvsキングギドラ』の川北紘一特技監督が特撮を担当した、テレビ版『日本沈没』の第20話から。大通公園に濁流が押し寄せるこのカットは、偶然にも旧北海道拓殖銀行(現「北洋大通センター」)の上空付近からのアングルです。

20_005Dsc06006re
同じく第20話から。放映から40年経ちますが、当時の面影が残っていて感動。本編左下に見えるアンテナ塔は、ゴジラが破壊した「北海道電力(通称「ほくでん」)」の本店ビルにあるものです。詳細はこちら↓

ゴジラ60周年ロケ地巡り~『ゴジラvsキングギドラ』①(福岡・札幌)
http://tokusatsu.way-nifty.com/blog/2015/09/60vs-b0c3.html

◆札幌市時計台
『日本沈没』第20話「沈みゆく北海道」(1975)より
20_001Dsc_0066re
『ゴジラvsキングギドラ』にも札幌を象徴するイメージカットとして登場し、先の記事でもご紹介した「札幌市時計台」。(2013年4月23日撮影)

20_004Dsc06024re
今は背後にビルが映り込んでしまいます。

20_00820_010
崩れる時計台はミニチュアで再現されていますが……

続きを読む "ゴジラ60周年ロケ地巡り~『ゴジラvsキングギドラ』③(福岡・札幌~その2)" »

2015年9月 6日 (日)

ゴジラ60周年ロケ地巡り~『ゴジラvsキングギドラ』①(福岡・札幌)


今回ご紹介するのは、1991年12月14日に公開されたシリーズ第18作『ゴジラvsキングギドラ』です。前作『ゴジラvsビオランテ』から1年のブランクがあり、やはりゴジラシリーズは打ち切りかと意気消沈していたところに舞い込んだ朗報。キングギドラの復活、監督と特技監督は前作と同じ大森・川北コンビ。そして、音楽監督には伊福部昭さん。もう昇天しそうなほどワクワクしたのを覚えています。では、さっそくロケ地をご紹介していきましょう。

◆福岡タワー
『ゴジラvsキングギドラ』(1991)より
Vs_04Dsc_5589re
まずは、キングギドラが襲撃した福岡から。福岡の地上デジタル放送を支える高さ234mの電波塔「福岡タワー」です。福岡市制100周年を記念し開催された「アジア太平洋博覧会(よかトピア)」のモニュメントとして1989年に完成しました。比較している現地写真は、「ヒルトン福岡シーホーク」からのもの。映画公開当時は更地が多かったタワー周辺も、現在はビルが建ち並んでいます。当ブログでも以前にご紹介していますが、「福岡タワー」は後に『ゴジラvsスペースゴジラ』ではストーリー上、重要なキーとなります。

特撮ロケ地巡り~福岡編②(シーホーク・福岡タワー・マリゾン)
http://tokusatsu.way-nifty.com/blog/2012/10/post-43f1.html

(2011年11月15日撮影)

◆中洲周辺
Vs_10Vs_11
中洲周辺のロケ地は、当ブログで以前にご紹介済みです。

特撮ロケ地巡り~福岡編③(中洲)
http://tokusatsu.way-nifty.com/blog/2012/11/post-7a56.html

Vs_09
キングギドラの影が映る「福博であい橋」は、「博多 エクセルホテル東急」の屋上付近が撮影ポイントだと睨んで、何度かトライしました。

特撮ロケ地巡り~福岡編④(中洲~天神)
http://tokusatsu.way-nifty.com/blog/2013/11/post-0475.html

Vs_01Dsc_0032re
「西大橋」上空を通過するキングギドラは博多港寄りの「西中島橋」からのアングル。

(2012年4月10日撮影)

『宇宙大怪獣ドゴラ』(1964)より
_
実は『宇宙大怪獣ドゴラ』にも、ほぼ同じアングルから撮影されたカットがあることに、最近気がつきました。ドゴラ襲撃に備えて北九州市を訪れた宗方博士らの宿泊先が博多、という設定でした。

『空の大怪獣ラドン』(1956)より
_1
「西大橋」はラドンの襲撃も受けていますが、キングギドラの中洲襲撃は、言わずもがなこのシーンのオマージュです。

_2
「西大橋」のそばにあった「花関ビル」(画面左端のビル)は近年取り壊されてしまいましたが、当ブログではその後の経過を何度かお知らせしてきました。

特撮ロケ地巡り~福岡編⑤(大濠公園~ラドンのロケ地を訪ねて)
http://tokusatsu.way-nifty.com/blog/2013/11/post-b3cc.html

ゴジラ60周年ロケ地巡り~『怪獣大戦争』①・『空の大怪獣ラドン』(富士宮・天神・中洲)
http://tokusatsu.way-nifty.com/blog/2014/09/60-1765.html

Dsc_4117editDsc_4115re
そして昨年秋、遂に新しいビルに建て替わりました。

(2014年10月27日撮影)

◆西鉄福岡(天神)駅周辺
『ゴジラvsキングギドラ』(1991)より
Vs_07Vs_05
キングギドラが西鉄福岡(天神)駅周辺を襲うのも『空の大怪獣ラドン』のオマージュ。この付近も先の記事で紹介済みです。

Vs_06Dsc_0040re
こちらは駅前にあるファッションビル「イムズ」。非常によくできたカットですが……


東宝 出版事業室発行『東宝SF特撮映画シリーズ VOL.6 ゴジラvsキングギドラ』(1992初版)に掲載されている川北紘一特技監督のインタビューによると、実はミニチュアではなく、石膏板にロケハン時の写真を貼り付けたものなのだそうです。驚きです。

(2013年4月9日撮影)

◆札幌市時計台
Vs_001Dsc03088re
ところかわって、札幌へ。札幌市のシンボルともいえる「札幌市時計台」。本編で鐘の音は7時を告げていますが、映像は6時20分頃に撮影されています。

Dsc03093re
時計台は「旧札幌農学校演武場」というのが正式名称で、札幌農学校2代目教頭であったウィリアム・ホイーラーの計画によって、1878年(明治11年)に建設されました。1906年(明治39年)に現在の位置に移設されるまでは、約100mほど北(写真左手)にあったそうです。

◆大通公園・さっぽろテレビ塔
『ゴジラvsキングギドラ』(1991)より
Vs_002aVs_001
6時46分を示す「さっぽろテレビ塔」。時計台からの移動距離は550m、歩いて約7分です。ロケ隊も実際に移動したのでしょうか。人々が逃げまどう歩道橋は現在、一部撤去されています。詳細は当ブログにて以前にご紹介済みです。

特撮ロケ地巡り~札幌編③(テレビ塔~その2)
http://tokusatsu.way-nifty.com/blog/2013/08/2-7ea4.html

Vs_005Dsc00974re
ゴジラによって破壊される「北海道電力(通称「ほくでん」)」の本店。

Vs_006Dsc00960re
「さっぽろテレビ塔」の東側にあります。

Dsc00975re
実際の建物は、本編のミニチュアと雰囲気が大きく異なります。

Vs_010Dsc_4247re
ゴジラに集中攻撃をかけるメーサー車のカットは、大通公園からのアングル。本編では、画面右側に三越の看板が見えます。

Dsc03096re
実際の大通公園からは見えませんが、「札幌三越」は実在します(写真右)。

Vs_002Dsc02433re
「さっぽろテレビ塔」を破壊するゴジラ。以前、先の記事にてご紹介したときよりも、より本編に近いアングルを探してみました。

Dsc03077re
ところで、地元の百貨店「丸井今井札幌本店」は健在ですが、隣りの「オッペン化粧品」と「救心」のネオンサインはなくなっています。

Vs_011Vs_012
倒壊した「さっぽろテレビ塔」が激突するビルは、「紀伊国屋書店」の看板が印象的な「第2有楽ビル」です。

Dsc03079reDsc03082re
現在は所有者が変わり、「桂和大通ビル50」という名称に変わっています。また、「紀伊国屋書店札幌本店」は、2005年にJR札幌駅前へ移転しています。

(2015年5月12日撮影)

「“蔵書80万冊”紀伊国屋札幌本店がJR札幌駅前に移転開業」(北海道経済産業新聞)http://dokei.net/conts.php?nid=229

『ガメラ2 レギオン襲来』(1996)より
G2_014Dsc00967re
ここでちょっと脱線。つい先日、BSプレミアムでも放映されていた『ガメラ2』より、自衛隊車輌が続々と「さっぽろテレビ塔」前の大通公園に到着するシーンです。こちらもすでに当ブログで紹介済みのロケ地となりますが、前回はテレビ塔が塗り替え作業中だったため、リベンジしてきました。本編をよく見ると、画面左端の「第2有楽ビル」(当時)に「紀伊国屋書店」の看板が見えます。

特撮ロケ地巡り~札幌編②(すすきの・テレビ塔・大通公園)
http://tokusatsu.way-nifty.com/blog/2013/08/post-227d.html

G2_015Dsc00966re
こちらもリベンジカットです。

(2014年11月18日撮影)

『ゴジラvsキングギドラ』(1991)より
Vs_008Dsc03108re
閑話休題。「メーサー部隊が……」とモニター画面を見ながらつぶやく防衛庁長官(演:佐原健二)。モニターに映るゴジラの手前のビルの看板に注目します。左側は「北海道銀行」、右側は「札幌銀行」とあります。大通公園沿いに実在する「北海道銀行本店」(左)と「新大通ビルディング(旧札幌銀行本店)」(右)がモデルだと思われます。「札幌銀行」は、2008年に「北洋銀行」に統合されています。ちなみに「新大通ビルディング」は……

続きを読む "ゴジラ60周年ロケ地巡り~『ゴジラvsキングギドラ』①(福岡・札幌)" »

2014年9月 1日 (月)

ゴジラ60周年ロケ地巡り~『怪獣大戦争』①・『空の大怪獣ラドン』(富士宮・天神・中洲)

今回ご紹介するのは、1965年12月19日に公開されたシリーズ第6作『怪獣大戦争』です。


同年8月8日には『フランケンシュタイン対地底怪獣』が、11月27日には大映の『大怪獣ガメラ』が公開され、さらに年明けの1966年1月2日からはTBS系列で空想特撮シリーズ『ウルトラQ』が放映されるという、誠に羨ましい時代の怪獣映画です。


『怪獣大戦争』は従来の怪獣映画の流れと、『地球防衛軍』(1957)や『宇宙大戦争』(1959)といった東宝のSF超科学戦争映画の流れをドッキングさせたものです。田中友幸プロデューサーはこれまでにも、日米を代表する2大怪獣を対決させた『キングコング対ゴジラ』(1962)、東宝のスター怪獣を対決させた『モスラ対ゴジラ』(1964)、そして3大スター怪獣が共闘する『三大怪獣地球最大の決戦』(1964)と、既存の企画やキャラクターを掛け合わせた作品でヒットを飛ばしてきましたが、今回もその一例といえるでしょう。そういった意味では、近年、東映が繰り広げている仮面ライダーやスーパー戦隊シリーズにおけるコラボ作品の数々も、発想は同じなのかもしれません。

_01_02
※2点とも東海道新幹線から撮影した実景にフィギュアを合成したイメージです

さて、また前置きが長くなってしまいましたが、『怪獣大戦争』のロケ地巡りの話に移ります。実は、本作のロケ地をご紹介するのにあたって、どこをご紹介しようかと悩みました。先述の通り、ゴジラのライバルが増えたことが影響しているのか、ゴジラシリーズでは『怪獣大戦争』以降、名所旧跡の破壊シーンが激減したからです。本作では、X星人に操られたゴジラが街で大暴れするシーンがありますが、富士山の麓とはわかるものの、ロケ地の特定に難航していました。


そこに現れたのが、つい先日発売されたばかりのこの本、野村宏平著『ゴジラと東京 怪獣映画でたどる昭和の都市風景』です。ゴジラシリーズをはじめとする、東宝特撮作品のロケ地が数多く紹介されています。私が知らなかった聖地がいくつも取り上げられていて、まだまだ上には上がいるなと、興味深く拝読しました。

◆富士山本宮浅間大社
『怪獣大戦争』(1965)より
_07_08
この本によると、『怪獣大戦争』の主なロケ地として霞ヶ関から見た国会議事堂や、「世界教育社」があったとされる丸の内の「三菱商事ビル別館」(現在は建て替えられています)が紹介されており、さらに、ゴジラ・ラドン・キングギドラが襲撃する場所が静岡県富士宮市の富士山本宮浅間大社近辺であると紹介されています。さっそくGoogleマップで確認すると、なるほどその通りでした。私も機会があれば行ってみようと思います。


大きな地図で見る

とはいえ、これだけだとあまりに手抜きでオリジナリティがありません。そこで今回もかなり強引ではあるのですが……

『怪獣大戦争』(1965)より
_01_2
ラドンの襲撃シーンに突如現れるこのカットに着目。そう、1956年に公開された『空の大怪獣ラドン』からの流用カットです。そこで……

続きを読む "ゴジラ60周年ロケ地巡り~『怪獣大戦争』①・『空の大怪獣ラドン』(富士宮・天神・中洲)" »

2013年11月23日 (土)

特撮ロケ地巡り~福岡編⑤(大濠公園~ラドンのロケ地を訪ねて)

前回の続きです(かなり間が空いてしまいましたが…)
天神から地下鉄に乗り、今回の出張では大濠公園まで足を伸ばしてみました。

◆大濠公園
『空の大怪獣ラドン』(1956)より
_0Dsc09170re
ラドンが福岡に襲来するシーンより。右手奥の景色は随分変わっていますが、当時の面影は残っています。本当は、本編のようにもう少し左の方からカメラを構えたかったのですが……

Dsc09166re
ご覧のように、成長した(?)松林に遮られてしまったのでした。

Dsc09172reDsc09173re
池の中央に見えるのは浮見堂です。なぜか公式サイトにもウィキペディアにも(もちろん現地にも)、これが何なのかという説明はなかったのですが、大濠公園のシンボル的存在です。

Dsc_0250_w
公式サイトによると、大濠公園は約22万6千平方メートルの池を有する全国有数の水景公園で、元は黒田長政が建築した福岡城の外濠だったそうです。昭和2年に開かれた東亜勧業博覧会を機に造園工事が行われ、昭和4年県営大濠公園として開園しています。
池の周辺には約2kmの周遊道があり、この日も早朝から多くの人がジョギングやウォーキングを楽しんでいました。私もゆっくり散歩したいところでしたが、午前8時半には仕事場に入らなければならなかったので、中洲川端までとんぼ帰りです(u_u。)

続きを読む "特撮ロケ地巡り~福岡編⑤(大濠公園~ラドンのロケ地を訪ねて)" »

2013年11月 4日 (月)

特撮ロケ地巡り~福岡編④(中洲~天神)

福岡への出張は年に2回ぐらいなのですが、ここ最近常宿にしているホテルがあります。「博多エクセルホテル東急」さんです。

Dsc_0028re
昨年秋にご紹介した福岡編で『ゴジラvsキングギドラ』のロケ地を巡った際、「福博であい橋」の上をキングギドラの影が横切る俯瞰カットの撮影ポイントとして目星をつけたからです。今年も仕事が秋のイベントシーズンに突入し、先週もお世話になりました。
とはいえ、しがないサラリーマン身の上では、宿泊する部屋を指定できるほど裕福でもないので、どんな部屋に泊まれるかは運頼みです。

◆福博であい橋
『ゴジラvsキングギドラ』(1991)より
Vs_09Dsc_0015re
1回目。これは今年の春、2013年4月に撮影したものです。ちょっと遠いですね(´~`)

Dsc09142re
2回目。先週泊まったときに撮影したものです。高さ的には良い線いってると思ったのですが、角度が…。「博多エクセルホテル東急」さんには、まだもう少しお世話になると思います。来年春に期待!

◆アクロス福岡
『ゴジラvsスペースゴジラ』(1994)より
_11Dsc09151re
スペースゴジラのいる福岡タワーへ向かって進撃するゴジラ。「アクロス福岡」の外観は、階段状の「ステップガーデン」になっています。現在は緑化が進み、この位置からは全体像が把握しづらいのですが……

続きを読む "特撮ロケ地巡り~福岡編④(中洲~天神)" »

2012年11月11日 (日)

特撮ロケ地巡り~福岡編③(中洲)

先週、中洲川端のホテルでイベントの仕事がありましたので、さっそくロケ地巡りに行ってきました。ここ何年かで取材した分とあわせてご紹介したいと思います。

中洲は九州最大の歓楽街といわれるだけのこともあり、屋台街のビジュアルとともに博多の代名詞というイメージがあります。そのためか怪獣頻出地域でもあり、3作品で舞台となっています。興味深いのは、以前ご紹介した「福岡ドーム」と「ヒルトン福岡シーホーク」の関係のように、ロケ場所が作品ごとに微妙に棲み分けされていることです。

Dsc01445re2008年4月10日撮影
①が東宝の『空の大怪獣ラドン』(1956)、②が同じく東宝の『ゴジラvsキングギドラ』(1991)、③が大映(現・角川映画)の『ガメラ 大怪獣空中決戦』(1995)のロケ地です。

◆西大橋付近
『空の大怪獣ラドン』(1956)より
_1Dsc01447re
高速で飛行するラドンの衝撃波で破壊される街。場所は先の写真の①付近です。本編で左手に見える大きなビルは映画公開当時は「日活ホテル」(のちに城山ホテル)でした。現在は「アクア博多」というオフィスビルになっています。(2008年4月10日撮影)

_2Dsc_0007re
一番左手に見えるビルが一致しています。(2012年7月12日撮影)

Dsc_0029re
「花関ビル」というそうで、ブログ『よかてつ。活動記録』さんによりますと、なんと「大正15年築」とのこと。かつてKBC(九州朝日放送)のラジオ局があったり、地元では日立のネオンサインでも有名だったようです。また、『Web地図の資料館』より「アンティーク絵葉書に観る、懐かしの博多・東中洲」の写真を拝見すると、昔は結構にぎわっていたことがわかります。

ただ、この写真を撮影したときは妙に廃墟っぽい感じでした。後で知ったのですが、実はこのときすでに取り壊しが決まっていたそうですね。そして現在は…

続きを読む "特撮ロケ地巡り~福岡編③(中洲)" »

2012年10月 8日 (月)

特撮ロケ地巡り~福岡編②(シーホーク・福岡タワー・マリゾン)

このところ本業が忙しくて更新が滞っていたのですが、久々に覗いてみるとアクセス数が1000を超えていて、これまたびっくりです。ありがとうございます!

かなり間が空いてしまいましたが、福岡編再開です。
前回は『ガメラ 大怪獣空中決戦』(1995)の重要なロケ地・福岡ドーム(現「福岡 ヤフオク!ドーム」)をご紹介しましたが、今回は平成ゴジラシリーズより『ゴジラvsスペースゴジラ』(1994)のロケ地をご紹介していきます。

◆ヒルトン福岡シーホーク
Dsc05784__008
まずは、スペースゴジラの反重波によって操られたゴジラが激突したヒルトン福岡シーホーク。外観が大きく異なります。シーホークの開業は、1995年4月28日。本映画が公開されたのは1994年12月10日ですから、製作時はまだ完成していませんでした。しかし、それにしては違いすぎます。未完成の建物を壊すという製作会社(東宝)側の配慮なのか、ホテル側の反対があったのか、実際のところはどうだったのでしょうか。

Dsc_5591_
ところで、ヒルトン福岡シーホークと福岡ドームは目と鼻の先です。というか隣接しています。なのに、『ガメラ 大怪獣空中決戦』にはヒルトン福岡シーホークや、後で紹介する福岡タワーが一切映りませんし、『ゴジラvsスペースゴジラ』に福岡ドームは一切映りません。これもまた謎です。

そこでちょっと調べてみると…

続きを読む "特撮ロケ地巡り~福岡編②(シーホーク・福岡タワー・マリゾン)" »

2012年9月 8日 (土)

特撮ロケ地巡り~福岡編①(福岡ドーム)

気がついたら、アクセス数が500を突破!
しかも、トラックバックも張ってくださっていてびっくりです。
ガメラ医師のblog』さんが、当ブログの特撮博物館の記事を紹介してくれていました。ありがとうございます(^^)
ガメラ:東京都現代美術館の企画展「特撮博物館」でガメラ 2012/09/02

ちょうど次のネタ何にしようか考えていたところだったので、ガメラつながりということで、今回は昨年の秋に出張で訪れた福岡でのロケ地巡りの模様(第一弾)をお届けしたいと思います。

◆福岡ドーム
『ガメラ 大怪獣空中決戦』(1995)より
G1_010Dsc_5580
政府が、九州・五島列島の姫神島(架空の島)に出現した怪鳥・ギャオスを捕獲するため、おびき寄せるのに使用した福岡ドーム。そのギャオスを撃滅しようと博多湾からガメラが上陸するシーンです。

福岡ドームは、1993年にダイエーホークスの新本拠地として建設されたそうですが、球団は2004年にソフトバンクに売却され、その翌年、ドームもソフトバンクの子会社であるヤフーが命名権を取得し、「福岡Yahoo! JAPANドーム」と改称されました(さらに、2013年には「福岡 ヤフオク!ドーム」へと改称)。
ちなみにガメラの製作会社は大映ですが、ダイエーホークスとは無関係です。その大映も今や「角川映画」となっていますね。時代の流れを感じずにはいられません…。

さて、現地にはついたものの、なかなか映画本編と同じ引きの構図が得られません。本編ではドームの周辺に広大な駐車場(?)があって、そこから撮影しているように見えるのですが、現在ドームの周辺にそんなスペースはありません。というのも・・・

Dsc_5587
映画公開の5年後、2000年4月に「ホークスタウンモール」というショッピングモールが開業しているからなんです。写真の手前に写っている建物がその一部です。
というわけで、引きの画は断念せざるを得なかったのですが、それ以外はばっちりです!

続きを読む "特撮ロケ地巡り~福岡編①(福岡ドーム)" »

2017年2月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28        
無料ブログはココログ