B.円谷プロ関連

2017年2月19日 (日)

ゴジラ60周年ロケ地巡り~『ゴジラvsメカゴジラ』①(京都)

ご無沙汰しております。約半年ぶりの更新、今年初の投稿です。
昨年公開の『シン・ゴジラ』は、興行収入82億円を突破する大ヒットを記録(2017年1月報道時点)し、年末の『NHK紅白歌合戦』でも話題になるなど、社会現象級の快進撃が続いています。当ブログは、相変わらず「ゴジラ60周年ロケ地巡り」シリーズが進展しない状況ではありますが、3月には『シン・ゴジラ』のBlu-ray&DVDが発売され、アニメ版『GODZILLA』も公開されるようですので、引き続きコツコツと更新を続けながらゴジラを応援していきたいと思います。遅ればせながら、本年もよろしくお願いいたします。


さて、今回ご紹介するのは、『シン・ゴジラ』のエンドロールでテーマ曲が流れた、シリーズ第20作『ゴジラvsメカゴジラ』です。公開は1993年12月11日。「この戦いで、すべてが終わる。」というキャッチコピーが示すように、シリーズ20作目とゴジラ誕生40周年の節目として、平成ゴジラシリーズは本作で一旦終了する予定だったというのはファンにとっては有名な話です(実際はアメリカ版『GODZILLA』の公開延期により、シリーズは続行)。そのため、メカゴジラに加えてラドンの復活や、次世代につなぐベビーゴジラの登場など内容も豪華でした。

さらに本作では、日本映画として初めてドルビーデジタル5.1chサラウンドが試験的に導入されました。私は大阪の梅田東宝で鑑賞することができましたが、当時は東京・有楽町の日劇東宝との2館だけの上映だったとのこと。貴重な体験でした。東宝マークの前の、CGの機関車とともに映し出されるドルビーのロゴムービーが格好良く、高級感に華を添えていたように思います。DVDに収録されていないのが残念です。

◆東寺
『ゴジラvsメカゴジラ』(1993)より
Vs_001Dsc00500re
ウンチクはさておき、本題のロケ巡りとまいりましょう。まずは鈴鹿から京都へ入ったゴジラを東寺越しに捉えたこのカットから。

Dsc00507edit
撮影場所は、東寺の向かいにあるマンションの屋上です。

『CINEMAチップス』(1993)より
0102
『ゴジラvsメカゴジラ』公開当時に大阪の毎日放送(MBS)が放送していた『CINEMAチップス』という番組で、ロケ現場の様子がリポートされていました。

0809
現場で指示を出す川北紘一特技監督。

1011
リポートしていたタレントの岡崎みゆきさんは、川北監督の機転でそのまま本編にも出演となったようです。

『ゴジラvsメカゴジラ』(1993)より
Vs_01Vs_02
続いて順番が前後しますが、プテラノドンの卵が国立生命科学研究所にあると知った青木一馬(演:高嶋政宏)が、車で京都へとやってきたシーン。筑波から高速道路をとばし、名神の京都南ICで下りて国道1号線を北上すると、東寺のはす向かいにあるこの京阪国道口交差点に辿り着きます。

Dsc00515reDsc00496re
こちらのカットは、先のマンションの向かいにある病院(右の写真中央の建物)からの撮影だと思われます。

『モスラ3 キングギドラ来襲』(1998)より
3_001Dsc00491re
東寺といえば、平成モスラ3部作の最終作『モスラ3』で、キングギドラとそれを追うモルとロラが上空を通過しています。現地の写真は九条大宮交差点で撮影。右側の「京都銀行九条支店」が本編でも右下に確認できます。余談ですが、すぐ近くには「ゴジラ誕生祭」をはじめ特撮映画のイベント上映がよく行われている「京都みなみ会館」があります(私はまだ行ったことないのですが…)

『ガメラ3 邪神〈イリス〉覚醒』(1999)より
G3_005Dsc00524re
『ガメラ3』でイリスが降臨したのも東寺付近でした。ただ、アングル的に一致しないというか何か違う気が…。

(2014年11月1日撮影)

そう思っていろいろ調べていると、こちらのブログですでに謎が解明されていました。

まんりき王朝さん:『ガメラ3-邪神覚醒-』京都ロケ地探訪
http://www3.famille.ne.jp/~manriki/manriki.html

Gamera1999
まんりき王朝さんによると、映画公開当時に発売されていたメイキングビデオ『GAMERA1999』に解決の手がかりが隠されていたようです。このビデオは、『シン・ゴジラ』の庵野秀明さんが総監督を務めた139分の大作で、単なるメイキングではなく、撮影現場の際どい問題にもスポットを当てたいわく付きのドキュメンタリー作品。そのためか、先日発売された『平成ガメラ4Kデジタル復元版Bru-ray BOX』にも収録されていませんでした。

◆東本願寺
『GAMERA1999』(1999)より
Gamera1999_001Dsc00689re
これが手がかりとロケ現場のシーンです。画面後方に「ほんの一瞬京都タワーらしき白い光が写っている」のを確かに発見。

Dsc00681reDsc_5640_re
そこから撮影場所が東本願寺であることを突き止められたようです。

『ガメラ3 邪神〈イリス〉覚醒』(1999)より
G3_005Dsc_5636re
再び本編と比べてみると、確かに一致します。塀よりも高い松の木は、まんりき王朝さんも指摘されていますが、デジタル処理が施されているように見えます。

Dsc_5637reDsc00666re
公式サイトの案内図を参照いただくとわかりますが、東本願寺の前を南北に走る烏丸通は、撮影場所となった御影堂門付近では東側に迂回しており、門周辺は車寄せのようになっています。本シーンはエキストラを大量に動員する必要があったため、国道に面した東寺よりも撮影に好都合だったのかもしれません。

(2016年11月3日撮影)

◆ムラテック八条口ビル
G3_008
東寺つながりで、脱線ついでに『ガメラ3』に関する細かすぎるネタをもう1つ。綾奈が「京都駅ビル」から東寺付近に降臨したイリスを見つめるシーンです。五重塔が合成で付け足されたものであることは当ブログで以前にご紹介していますが、今回注目したいのは、その右隣の青い看板です。

特撮ロケ地巡り~京都編③(京都駅~その2)
http://tokusatsu.way-nifty.com/blog/2012/11/1-fa79.html

Dsc_0005reDsc_4130re
新幹線からも見えるこの青い看板は「ムラテック八条口ビル」のものだったのですが、近年それがなくなっていることが判明しました(だから何やねんとは言わないで…)

(左:2012年11月13日撮影/右:2014年11月1日撮影)

◆京都タワー
『ゴジラvsメカゴジラ』(1993)より
Vs_004Dsc_0024edit
さて、京都駅へとやってきたところで、ゴジラの話題に戻ります。烏丸中央口前にそびえ立つ「京都タワー」を破壊するゴジラ。こちらも以前に紹介済みですので、今回はフィギュアの合成写真にて。

特撮ロケ地巡り~京都編①(京都タワー)
http://tokusatsu.way-nifty.com/blog/2012/11/post-cf58.html

Vs_03Dsc00662re
ここから新ネタです。せっかくなので上ってみることにしました。

Dsc07427reDsc07439re
『モスラ対ゴジラ』と『三大怪獣地球最大の決戦』が公開された1964年に竣工した京都タワーは、高さ131m。鉄骨を一切使わず、筒状の塔体で力を受けとめ全体をささえる「モノコック構造」が世界に先駆けて採用されたそうです。何だか難しいですが、要は飛行機や船、動物ではカニ、エビ等と同じ仕組みとのこと。

『フランケンシュタインの怪獣 サンダ対ガイラ』(1966)より
_01Dsc07435re
実は『フランケンシュタインの怪獣 サンダ対ガイラ』の冒頭では、京都タワーから撮影された先の東本願寺が映ります。

_012jpgDsc07433re
カメラはそのままティルトアップして京都市内全景へ。こうして見ると、京都の街も変わりましたね。京都が舞台になっているのは、アメリカとの合作故のことでしょうか。

_02Dsc07005re
カットが変わり、続いて知恩院が映ります。本堂の御影堂は、2012年1月から大修理が行われており、現在は素屋根で覆われています。この知恩院についてはまた後ほど。

_03Dsc07006re
カメラは知恩院から祇園方面へパンします。

(2016年1月19日撮影)

◆京都祇園・弥栄会館
Dsc06221reDsc06231re
パンした先にあったのは「弥栄会館」。京都の舞妓の舞を始め、7つの伝統芸能を約1時間で鑑賞できる施設です。この付近にスチュワート博士の研究室があるという設定になっています。実際は京都大学あたりをイメージしていたのかもしれませんが、弥栄会館が選ばれたのは映像的なわかりやすさからでしょう。

(2015年11月7日撮影)

◆知恩院
Dsc07488re
先ほどの知恩院へとやってきました。浄土宗の総本山で、大修理が行われている御影堂は1639年(寛永16年)に徳川家光によって再建されたものです。2002年には国宝に指定されています。

Dsc07474reDsc07477re
こちらは御影堂とともに国宝に指定された三門。1621年(元和7年)の建立です。

『ラストサムライ』(2003年)より
_01_2Dsc00773re
三門から御影堂へと続く階段は、アメリカ映画『ラストサムライ』のロケ地でした。

_02_2Dsc07486re
明治天皇に謁見すべく、男坂と呼ばれる急な階段を上るネイサン・オールグレン大尉(演:トム・クルーズ)一行。

_03_2Dsc00775re
実際は男坂の上に御影堂がありますが、本編では皇居(舞台設定は東京)の一部が合成されています。

(2016年1月9日・11月3日撮影)

◆三条大橋
『ゴジラvsメカゴジラ』(1993)より
Vs_005Dsc_0266edit
閑話休題。京都市内を侵攻するゴジラ。ここもゴジラの迷走ぶりとあわせて以前に紹介しましたので、今回はフィギュアの合成写真にて。

特撮ロケ地巡り~京都編④(ゴジラ、京都で迷走か!?)
http://tokusatsu.way-nifty.com/blog/2013/11/post-6e8e.html

◆清水寺
Vs_010Vs_006
三条大橋から北上するかと思いきや、なぜか清水寺へ迂回したゴジラ。ロケ地の詳細はいずれも先の記事でご紹介しております。

Vs_011Dsc05947re
ここからは新ネタです。「清水の舞台」でゴジラを発見する人々。指をさしている人がいますが、先の本編合成カットとのつながりを考えると、本来は反対側(画面左側)へ向くべきなんです。

Vs_012Dsc05906re
同じく「清水の舞台」で、偶然訪れていた修学旅行の学生も巻き込んで撮影したというカット。本編をよく見ると、すでに壊したはずの京都タワーが一瞬映ってしまっています(^_^;)

Vs_014Dsc00728re
こちらはメイキング映像に収録されている未使用カットから。人がいないため、前後のカットとうまく繋がらなかったのかもしれません。

Vs_0131Dsc00731re
Vs_0132Dsc00734re
音羽の滝へ続く石段を駆け下りる人々。背後に見える格子戸の建物は釈迦堂です。

Dsc00736re
奥に見えるのが釈迦堂。訪れたときは、その右隣にある阿弥陀堂の改修工事が行われており、仮歩道が設置された関係で撮影に使われた階段は塞がれていました。

Dsc05910_reDsc05963re
石段を下りた先には、寺名の由来となった「音羽の滝」があります。3本の筧から流れ出る水は「黄金水」「延命水」と呼ばれ、清めの水として尊ばれています。

『日本沈没』(2006年)より
2006_02Dsc00746re
清水寺といえば、『シン・ゴジラ』の樋口真嗣監督による2006年版『日本沈没』では、本堂のすぐそばまで水没していました。ちなみに本堂は、檜皮(ひわだ)ぶき屋根のふき替え工事が今月から本格化しており、近々素屋根ですっぽりと覆われてしまうそうです。この風景も当面見納めです。

清水寺ふき替え「素屋根」が守る 半世紀ぶり修理、本格化へ(京都新聞2017年2月4日付)
http://www.kyoto-np.co.jp/local/article/20170204000090

2006_01Dsc00739re
こちらは、京都の名刹で宝物が梱包されるシーン(ガンダムの富野由悠季監督が高僧役で出演している場面)の頭に出てくる京都市内の全景カットです。これも先のカットと同じ場所から撮影されていると思われます。DVDのスペシャル・コレクターズ・エディションの特典として封入されている樋口監督の撮影台本(レプリカ)にも「清水寺」の書き込みがあったので、間違いないと思われます。

『妖星ゴラス』(1962)より
_02_3Dsc05943re
『妖星ゴラス』の終盤にも清水寺は一瞬映ります。地球に接近するゴラスの引力によって発生した大洪水に飲み込まれていくというシーンです。ただ、右手の本堂がきちんと映っておらず、画面も暗いので、一見すると清水寺かどうかわかりにくいです。

Dsc05955reDsc05940re
撮影ポイントは、境内の子安塔付近に本堂を含む諸堂を一望できるスポットがあり、そこだと思われます。先の「清水の舞台」でゴジラを発見する人々のカットも、同じくここから望遠で狙ったのではないかと推測します。

(2015年11月3日/2016年11月3日撮影)

◆平安神宮
Dsc07451re
『妖星ゴラス』には京都の名所がもう1カット登場します。平安神宮です。

_01Dsc07462re
応天門がゴラスの引力によって発生した大洪水に飲み込まれます。ただ清水寺同様、このカットもアングルが中途半端な気がします。これら2カットのためだけに京都ロケを行ったとも考えにくいので、もしかすると既存のライブラリーフィルムに大波を合成したのかもしれません。

Dsc07461reDsc07471re
平安神宮は1895年(明治28年)に平安遷都1100年を記念して創建された、比較的新しい神社です。すぐ近くには『ゴジラ音楽祭 in京都』が開催された「ロームシアター京都」があります。音楽祭については過去記事で詳しく述べています。

_160502

ゴジラ60周年ロケ地巡り~『ゴジラvsキングギドラ』⑤(京浜島)
http://tokusatsu.way-nifty.com/blog/2016/05/60vs-bfbb.html

(2016年1月19日撮影)

◆八坂の塔(法観寺)
『ゴジラvsメカゴジラ』(1993)より
Vs_015Dsc05873re
清水寺に立ち寄ったゴジラは二年坂に顔を出し、再び北上します。『東宝SF特撮映画シリーズ VOL.8 ゴジラvsメカゴジラ』(東宝 出版・商品事業室発行)の川北紘一特技監督のインタビューによると、特撮カットに出てくる五重塔は「八坂の塔」をイメージしたものだそうです。

(2015年11月3日撮影)

◆出雲路橋
Vs_007Dsc09611edit
鴨川の上流へと進むゴジラ。このカットの撮影場所は、下鴨神社の近くにある出雲路橋付近です。ここも以前にご紹介したスポットですので、フィギュア合成で(^^)

Vs_016
ゴジラが目指すのは、ベビーゴジラがいる「生命科学研究所」ですが……

続きを読む "ゴジラ60周年ロケ地巡り~『ゴジラvsメカゴジラ』①(京都)" »

2016年8月29日 (月)

ゴジラ60周年ロケ地巡り~『ゴジラvsモスラ』③・『三大怪獣地球最大の決戦』②(横浜)

『ゴジラvsモスラ』のロケ地巡りもいよいよクライマックスへ。ラストは横浜です。

◆横浜駅周辺
『ゴジラvsモスラ』(1992)より
Vs_006Vs_007
丹沢から横浜へとやってきたゴジラ。ロケ地は以前にご紹介した「横浜タカシマヤ」のそばある内海橋付近と、JR東海道本線と相模鉄道を跨ぐ県道13号線の平沼橋です。

特撮ロケ地巡り~横浜編①
http://tokusatsu.way-nifty.com/blog/2012/08/post-69aa.html

◆中華街東門(朝陽門)
Vs_005Dsc06787re
モスラとバトラの戦いで破壊される中華街の門(牌楼というそうです)。以前紹介したときは恥ずかしながら不勉強で、本編に登場する門の形状が実際のものとあまりにもかけ離れていたことから架空の門ではないかと思っていたのですが、東門周辺であるとコメントにて教えていただきました。ありがとうございます。というわけでリベンジです。

特撮ロケ地巡り~横浜編②(中華街)
http://tokusatsu.way-nifty.com/blog/2012/08/post-885f.html



『ゴジラvsモスラ』のブルーレイ映像特典「ゴジラシリーズ ロケーションガイド 臨海都市上陸篇」では映画制作当時の東門の写真も紹介されており、ミニチュアは本物をしっかりと再現したものだったようです。新しい門が竣工したのは2003年。工事中の様子はこちらのサイトで紹介されています。

めりた・グッドボーイさん:http://merita.jp/yokohama-sketch/04/index.html

(2015年11月14日撮影)

◆スターホテル横浜
Vs_03Vs_04
続いて、ビルの屋上からゴジラ・モスラ・バトラの三つ巴の戦いを見守る藤戸拓也(演:別所哲也)たちとコスモス。

Dsc06776re
先の「ゴジラシリーズ ロケーションガイド 臨海都市上陸篇」によると、ロケ地は「横浜マリンタワー」の近くにある「スターホテル横浜」の屋上だったとのこと。夏場はビアガーデンも開催されているそうですが、訪れたときは残念ながらシーズンオフでした。いつか横浜へ出張の際にはぜひ泊まってみたいと思います。

(2015年11月14日撮影)

◆横浜マリンタワー
Vs_01
マリンタワー方面へ向かうモスラ。実景の空撮映像との合成が当時としては斬新でした。

『三大怪獣地球最大の決戦』(1964)より
_007lbDsc06710re
そのマリンタワーは『三大怪獣地球最大の決戦』でキングギドラに襲撃されます。以前に紹介済みのスポットではありますが、今回はより本編に近いアングルで。

特撮ロケ地巡り~横浜編③(氷川丸・横浜マリンタワー)
http://tokusatsu.way-nifty.com/blog/2012/08/post-b5d8.html

Dsc06711reDsc06713re
今回の撮影場所は「横浜港大さん橋国際客船ターミナル」です。マリンタワーは2008年に灯台としての役目を終え、2009年にリニューアル。その際、それまでの紅白の塗装から外側を光沢を押さえた「シルバー」に、内側を「ブラウンオリーブ」(茶色みがかった緑色)に塗り替えらたそうです。ただ、以前の紅白の塗装も、1961年の開業当時は紅白の7等分塗りだったものが、1989年の横浜博覧会を機に赤から白のグラデーションに変更されていたとのこと。同じ紅白でも『三大怪獣地球最大の決戦』と『ゴジラvsモスラ』とでは微妙に異なっていたようであります。

横浜経済新聞
横浜マリンタワーの外観、紅白からシルバーに-来春オープン」(2008年03月26日付)
横浜マリンタワーのお披露目会ー23日にリニューアルオープン」(2009年05月20日付)

(2015年11月14日撮影)

◆日本郵船氷川丸
Dsc06748reDsc06750re
『三大怪獣地球最大の決戦』でゴジラ出現ポイントのすぐそばに係留されている「日本郵船氷川丸」。前回訪れたときは休館日だったので、これもリベンジしてきました!

_001lbDsc06770re
とはいえ、完全一致とはいかず、またもや船外からという中途半端なアングル。その理由は……

続きを読む "ゴジラ60周年ロケ地巡り~『ゴジラvsモスラ』③・『三大怪獣地球最大の決戦』②(横浜) " »

2016年8月 4日 (木)

ゴジラ60周年ロケ地巡り~『ゴジラvsモスラ』②・『メカゴジラの逆襲』①(東京・千葉)

「ゴジラ60周年ロケ地巡り」といっておきながら、本当はもう62周年。最新作『シン・ゴジラ』も公開され、一体いつになったら完結するのかと自分でも気が遠くなりつつありますが、『ゴジラvsモスラ』ロケ地探訪、続いては東京・千葉編です。今回もいろいろと脱線しながら進めてまいります(最初から言っておきますw)

◆世界貿易センタービルディング
『ゴジラvsモスラ』(1992)より
Vs_010Dsc07353edit
浜崎橋JCT付近から上陸しようとするモスラ。以前にも紹介した浜松町の「世界貿易センタービルディング」からのアングルですが、今回はプラモデルのモスラを合成してみました。前にも書いていますが、この東向きアングルは『帰ってきたウルトラマン』(1971)や、『東京湾炎上』(1975)にも出てくるので、比べてみると街並みの変化がよくわかります。

特撮ロケ地巡り~東京・港区編②(世界貿易センタービル)
http://tokusatsu.way-nifty.com/blog/2014/02/post-da66.html

『メカゴジラの逆襲』(1975)より
_01_01b
こちらは、ゴジラシリーズ第15作『メカゴジラの逆襲』からムガール(演:睦五郎)と津田(演:伊吹徹)が東京の改造計画を語るシーン。

_02Dsc_0142re
同じ「世界貿易センタービルディング」の北側、汐留方面の風景が映し出されます。東京はブラックホール第三惑星人に改造されるまでもなく再開発が進み、汐留操車場があった場所は現在「汐留シオサイト」となっています。


『メカゴジラの逆襲』は1975年3月15日に公開。観客動員数は97万人で、ゴジラシリーズのワースト記録となってしまい、本作をもって昭和ゴジラシリーズは終止符を打たれることになります。本多猪四郎監督にとっても最後にメガホンをとった映画となりました。「東宝チャンピオンまつり」の一本であり、ゴジラは子どもたちを守るヒーローとして描かれていますが、本多演出と伊福部昭さんの音楽によって作品自体は重厚な仕上がりとなっています。もしかすると、そのアンマッチが当時の子どもたちや大人のファンには受け入れ難いものだったのかもしれません。正直、私自身も中学生時代に初めてビデオで観たときの印象は暗く、それ以来視聴する機会の少ない作品となっていました。ただ、最近になって改めて観直してみると、学会を追われた真船博士の哀しみや、『怪獣大戦争』にも通じるサイボーグ少女・桂(演:藍とも子)と海洋開発研究所の一之瀬(演:佐々木勝彦)の悲恋など、本多監督らしい大人のドラマがしっかり描かれており、再評価されるべき作品だと感じます。

(2013年4月13日撮影)

東急プラザ赤坂(赤坂エクセルホテル東急)
『ゴジラvsモスラ』(1992)より
Vs_01Dsc09244re
さて、話を『ゴジラvsモスラ』に戻します。コスモスを追って東京に上陸したモスラは、赤坂方面へ進みます。エキストラによる避難シーンは、赤坂見附周辺で撮影されています。

Dsc09235reDsc09241re
ロケ地は「赤坂 エクセルホテル東急」の2階にあるショッピングアーケード「東急プラザ赤坂」です。

Vs_02Dsc07930re
このカットは、赤坂見附交番のすぐ隣りにある歩道橋の袂から望遠で撮影。道路標識や街灯の位置が変わっています。

Vs_03Dsc07927re
ちょっと角度が違いましたが、ホテルの外壁の様子などは当時のままです。

『地震列島』(1980)より
_02Dsc09245re
こちらは、1980年に公開された東宝の『地震列島』より、主人公の地球物理学者・川津陽一(演:勝野洋)が自身の研究所へと向かうシーン。

_04Dsc09251re
先の「東急プラザ赤坂」から地下鉄赤坂見附駅の駅ビル「ベルビー赤坂」を望遠で狙ったアングルです。

(2016年7月6日撮影)

◆赤坂見附駅(ベルビー赤坂)
_06Dsc06414re
同じく『地震列島』より、物語中盤で川津陽一が離婚協議のために表参道の割烹料亭へ向かうべく、地下鉄に乗ろうとするシーン。

Dsc_4226editDsc_4234edit
川津は矢印で示した出入口から地下へ下りていきます。「ベルビー赤坂」は、1979年の開業以来ファッションビルとして運営されていましたが、2012年に閉店。2013年からは「ビックカメラ赤坂見附駅店」が入居しています。ビックカメラの入居にあたって耐震工事が行われたそうで、1階付近の様子は大幅に変わっています。

_07Dsc06421re
エスカレーターで地下へ下りる川津。駅のホームで妻・裕子(演:松岡嘉代)と待ち合わせをし、2人は銀座線に乗り込みます。地下鉄に乗るまでの一連のカットは手持ちカメラで撮影されているのですが、ゲリラ撮影でしょうか?

Dsc06420re
エスカレーターはかなり改装されており、残念ながら当時の面影はありません。

_10Dsc_4270re
B1Fの銀座線表参道・渋谷方面行のホームです。大地震発生後、車両から降りた乗客が大挙して押し掛けます。本編はもちろんセットです。なお、銀座線は走行用のレールと並行して給電用のレールが敷かれている第三軌条方式です。非常時とはいえ、実際には線路に降りるのはかなり危険だと思います。

_11Dsc_4269re
混乱する赤坂見附駅の構内。現在は改装されており、写真右側の丸ノ内線ホームには、2007年に可動式ホーム柵が設置されました。改装前の様子はネズミツオさんのブログで詳しく紹介されていますが、本編のセットはかなり忠実に再現されたものだったようです。

ネズミツオさんのブログ「三つ子の魂百まで…トラウマニア」
http://ameblo.jp/nezumitsuo/entry-11276114780.html

_12Dsc_4275re
再び銀座線のホーム。銀座・浅草方面から地下鉄車両とともに鉄砲水が迫ります。

(2015年7月2日撮影)

◆元赤坂
_05Dsc09285re
本編に登場する川津研究所の外観(玄関)も、実際に赤坂見附のすぐ近くある元赤坂のビルが撮影に使用されています。

Dsc09286reDsc09288re
ただし、そのビルは現存せず、現在は綜合警備保障(ALSOK)の本社が入居する「安全ビルレジデンス」に建て替わっています。

_01_01_2
川津研究所の内部はセットだと思われますが、本編をよく見ると、奥の棚の上にはなんと第1作でゴジラを倒したオキシジェン・デストロイヤーが!?

(2016年7月6日撮影)

◆弁慶橋
『ゴジラvsモスラ』(1992)より
Vs_011Vs_012
ゴジラネタに戻ったところで、続いては弁慶橋での避難シーン。こちらのロケ地は以前にご紹介済みです。

特撮ロケ地巡り~東京・赤坂見附編①(赤坂見附交差点・弁慶橋)
http://tokusatsu.way-nifty.com/blog/2012/10/post-54dc.html

『007は二度死ぬ』(1967)より
007_09Dsc09296re
この弁慶橋付近では、『007は二度死ぬ』でカーチェイスが繰り広げられています。ボンドとアキが乗るボンドカー(トヨタ2000GT)が、敵のアジトである大里化学工業(外観は「ホテルニューオータニ東京」のザ・メイン)の敷地から脱出するシーンです。

007_07Dsc09300re
ボンドカーを敵のクラウンが追いかける場面に弁慶橋(空中写真【A】)が一瞬映ります。『007は二度死ぬ』のロケ地については後述。

(2016年7月6日撮影)

◆東京ガーデンテラス紀尾井町
Dsc09274re
また横道にそれたところで、赤坂見附にあった旧赤坂プリンスホテル跡地は現在、大型複合市街施設「東京ガーデンテラス紀尾井町」となっています。今年5月から一部店舗が営業を開始し、先日7月27日に正式にグランドオープンしました。

Dsc09256reDsc09258re
敷地内にある赤坂御門の石垣の上は「空の広場」として開放されているのですが……

続きを読む "ゴジラ60周年ロケ地巡り~『ゴジラvsモスラ』②・『メカゴジラの逆襲』①(東京・千葉)" »

2015年7月10日 (金)

ゴジラ60周年ロケ地巡り~『ゴジラvsビオランテ』⑤(北摂エリア)

前回から早くも1か月以上過ぎてしまいましたが、引き続き『ゴジラvsビオランテ』から大阪・北摂エリアのロケ地を巡っていきます。

◆万博記念公園駅(ホテル阪急エキスポパーク前)
『ゴジラvsビオランテ』(1989)より
Vs_034Dsc03157re2
大阪ビジネスパークを後にしたゴジラは、万博記念公園周辺を通って若狭湾へ向かったようです。本編で「太陽の塔」の手前に見える建物は、大阪モノレールの万博記念公園駅です。私事ですが、黒い煙が上がっている付近に自宅があります(^_^;)

Dsc_0173re
こちらは万博記念公園駅から撮影ポイント(黄色の矢印)を見た写真です。「ホテル阪急エキスポパーク」前で撮影されています。【A】

Dsc03163reDsc_0164re
先ほどの比較写真を見てもおわかりのように、現在は駐車場との境に植えられた木々が成長していて、本編と同じポジションからの撮影は困難でした。

Dsc03135re
それにしても、「太陽の塔」を入れ込みたいならもっと良い場所があるのに、なぜあの場所からの撮影だったのでしょうか。
ちなみに、こちらの写真は万博記念公園駅から撮影したものですが、右手奥に球体の遊具が見えます。その付近には、1970年の大阪万博会期中は「三菱未来館」がありました。

「EXPO'70パビリオン」展示模型
Dsc03295re
「三菱未来館」では、「日本の自然と日本人の夢」をテーマに、円谷英二特技監督率いる東宝の特撮スタッフが手掛けた映像が上映されていました。暴風雨、火山の噴火から暗黒の宇宙、海底基地から見た海の神秘、未来都市などが、伊福部サウンドとともに、当時の最新技術で映し出され、動く歩道で疑似体験できる人気のパビリオンだったようです。


なお、伊福部昭さんの楽曲の一部は、先述のとおり『地球攻撃命令 ゴジラ対ガイガン』にも流用されています。また、映像は『ハワイ・マレー沖海戦』のDVDに映像特典として収録されています。円谷監督は、この「三菱未来館」向けの映像製作中に体調を崩し、逝去されたとのことです。

(2013年8月17日/2015年5月13日・5月30日撮影)

◆万博記念ビル(旧協会本部ビル)
『ガメラ対大魔獣ジャイガー』(1970)より
_000a_000b
さて、少し脱線したついでに、大阪万博が舞台となった他の特撮作品のロケ地もご紹介しておきたいと思います。まずは大阪万博開幕の一週間後、1970年3月21日に公開された『ガメラ対大魔獣ジャイガー』より、「エキスポタワー」から万博会場へとパンするこちらのカット。手前に見える建物は「万博記念ビル」です。【B】

Dsc03131reDsc03132re
大阪万博開催当時は協会本部でした。現在は万博記念公園の事務所として健在です。撮影が行われた場所は「万博記念ビル」裏手の雑木林付近からだと思われます。

Dsc03268re
その場所が撮影当時はどのようになっていたのかを知るために、万博記念公園内にある、かつての「鉄鋼館」を利用した記念館「EXPO'70パビリオン」に行ってみました。

Dsc03292reDsc03293re
展示されていた会場模型を見てみると、「万博記念ビル」の裏手に展望スペースがあるのを確認できました。

Dsc03289reDsc03290re
さらに、1971年に上空から撮影されたパネル写真も発見。

_000cDsc03155re
本編カットと見比べると、やはりその展望スペースから撮影されたと見て間違いなさそうです。カメラがパンをし終えたところで、左手前に見える建物は「プレスセンター」です。1980年代に解体され、1990年に大阪府の外郭団体が運営する「オオサカサンパレス」が開業。2007年に現在の「ホテル阪急エキスポパーク」となりました。

(2015年5月13日・5月30日撮影)

◆旧中央バス団体入口・千里橋
_001
Dsc_0167re
沢田圭介(演:炎三四郎)が弘(演:高桑勉)に万国博覧会の概要を説明するシーンです。本作は工事中の万博会場が舞台となっていました。【C】

「EXPO'70パビリオン」パネル写真より
Dsc03287reDsc03288re
本編のカットは、「中央団体バス駐車場」(現・万博記念公園中央駐車場)と会場をつなぐ歩道橋の上で撮影されていたと思われます。

Dsc08350re
その歩道橋は、現在は撤去されています。

_002Dsc08353re
場内アナウンスで呼び出しを受ける沢田圭介。照明灯は当時のままです。奥に見える橋は「千里橋」です。

Dsc08358re
塗装は変わっていますが、こちらも当時のままです。【D】

(2013年8月17日/2015年5月30日撮影)

◆旧エキスポランド・エキスポタワー周辺
『仮面ライダー』第7話「死神カメレオン 決斗!万博跡」(1971)より
7_04Dsc_0177re
『仮面ライダー』では、万博会場に隣接する遊園地「エキスポランド」でロケが行われていました。地元の人間としては、「エキスポランド」は万博閉幕後も営業していたので、“万博跡”というサブタイトルに若干違和感があったのですが、調べてみると、「エキスポランド」が営業を再開したのは1972年3月15日からでした。つまり、休園中に撮影していたので“万博跡”だった、ということらしいです。納得。【E】

Dsc_0179reDsc_0183re
この写真は2013年8月に撮影しました。「エキスポランド」は、2007年5月のジェットコースター事故の影響で来場者数が激減し、2009年2月に閉園しました。

Dsc02301reDsc03167re
Dsc03144reDsc03153re
現在、跡地には大型複合施設の建設が進められています。

「エキスポランド跡地に『エキスポシティ』 今秋開業」(朝日新聞デジタル)http://www.asahi.com/articles/ASH3T5VCXH3TPTIL02W.html

7_003Dsc08370re
こちらは、本郷猛(演:藤岡弘)が人質となった立花藤兵衛と緑川ルリ子を救出に向かうシーン。撮影場所は、万博記念公園駅から公園南口へと続く階段です。本編は「エキスポランド」敷地内から撮影されているようです。道幅は当時よりも狭くなっています。【F】

7_004Dsc08365re
奥に「太陽の塔」が見えるこのカット。本編の右手に見える建造物は現存しません。

「EXPO'70パビリオン」展示模型
Dsc03275reDsc03273re
万博開催当時、「太陽の塔」と「エキスポタワー」は動く歩道で結ばれていたそうですが、その施設の一部でしょうか。

『仮面ライダー』第7話オープニングより
7_001Dsc_0182re
この階段では、1クールのオープニング映像も撮影されています。

7_002Dsc08362re
奥に「エキスポタワー」が見えます。

Dsc08372reDsc08371re
「エキスポタワー」は1990年9月に営業を終了しました。その後10数年放置状態となり、老朽化のため、2002年から翌年にかけて解体・撤去されました。【G】

(2013年8月17日/2015年3月21日・5月13日・5月30日撮影)

『仮面ライダー』第7話「死神カメレオン 決斗!万博跡」(1971)より
7_057_06
垂直に立てられた3本の柱と多面体の展望室が特徴的だった「エキスポタワー」は、高さ127mと決して高くはありませんでしたが、海抜65mの千里丘陵の上に建っていたこともあり、大阪の至るところから目につく存在でした。私も幼い頃に、一度だけ上ったことがありますが、非常に見晴らしが良かったことを覚えています。

7_07
「エキスポタワー」に捕えられた立花藤兵衛(演:小林昭二)と緑川ルリ子(演:真樹千恵子)。階段の様子も含め、在りし日の「エキスポタワー」の様子は、こちらのサイトで詳しく紹介されています。

エキスポタワー写真館
http://homepage1.nifty.com/forever70s/expotower/index.html

◆旧ソ連館・千里ニュータウン
『ガメラ対大魔獣ジャイガー』(1970)より
_006_008
再び『ガメラ対大魔獣ジャイガー』に戻ります(ゴジラの話はどこへやら…)。大阪万博の会場が舞台となる本作ですが、本編に登場するミニチュアは「ソ連館」のみでした。

_01_02
こちらは映画の序盤で紹介される本物の「ソ連館」。私は大阪万博の後に生まれた世代なのでよくわからないのですが、レーニン生誕100周年ということで、かなり力の入ったパビリオンだったそうです。

「EXPO'70パビリオン」より
Dsc03277re
宇宙開発の展示などに人気があり、入館者数は「月の石」が展示されていた「アメリカ館」を抜いてNo.1だったとか。

_007_009
さて、この「ソ連館」の位置を頼りに、ガメラとジャイガーが戦った場所を推測してみたいと思います。

_hyoshi Dsc03324re
まず、「ソ連館」の位置を把握するために、「EXPO'70パビリオン」のショップで販売されていた「日本万国博覧会公式ガイドマップ(復刻版)」を購入してみました。このマップから、「ソ連館」は万博会場の北口側にあったことを確認。

国土地理院ホームページ 空中写真MKK712X-C2-15(1971/05/09)よりトリミング加工
Mkk712xc215edit
次に、万博開催当時の空中写真は見つからなかったので、翌1971年の空中写真に「ソ連館」の位置を重ね合わせてみました。本編では、2大怪獣の背後に千里ニュータウンの一部と思われる団地のミニチュアが置かれていましたが、それらは「府営千里藤白台住宅」と「府営古江台住宅」辺りではないかと思われます。【H】

Dsc03330reDsc03332re
こちらは現在の「府営古江台住宅」です。本編と比較してみると……

続きを読む "ゴジラ60周年ロケ地巡り~『ゴジラvsビオランテ』⑤(北摂エリア)" »

2015年5月24日 (日)

ゴジラ60周年ロケ地巡り~『ゴジラvsビオランテ』④(大阪ビジネスパーク周辺)

前回につづいて『ゴジラvsビオランテ』から、大阪ビジネスパーク(OBP)周辺のロケ地をご紹介していきます。一気にいきます!

◆新鴫野橋
『ゴジラvsビオランテ』(1989)より
Vs_015Dsc03227re
ホテルニューオータニ大阪」(右)上空から「OBPキャッスルタワー」(左)の背後へ移動するスーパーX2。

Dsc_0456re
本作でモブシーンが撮影された「新鴫野橋」からのアングルが近いです。【A】

◆大阪城新橋①
Vs_016Dsc08258re
中之島方面から大阪ビジネスパークへ進むゴジラ。【B】

Dsc08257re
手前は「大阪水上バス」の乗り場になっています。若干、シャッターチャンスを逃してしまいました…。

Dsc_0255re
本編は、東宝砧撮影所の第2スタジオに作られたミニチュアセットなので、同じようなアングルで撮るのは難しいです。

Vs_hyoshi
大阪城新橋」のミニチュアは、遠近感を強調するために極端なパースが付けられていたそうです。近代映画社の『スクリーン特編版 ゴジラvsビオランテ特集号』(1990年1月10日発行)に、その写真が掲載されています。 このカットは照明効果も素晴らしいです。

◆極楽橋付近
Vs_017Dsc03221re
権藤らを乗せた自衛隊のヘリコプターが、「大阪城ホール」付近に着陸するシーン。アングル的には極楽橋付近の石垣からの眺めが近いです。ただ、本編はホールの屋根ごしに撮られていますが、現地で屋根は見えません。実際はもう少し右手にあります。映画ではわかりやすく表現するために、ときにセットの位置を微妙に変えたり、大きさを強調して撮るんですね。【C】

◆大阪城新橋②
Vs_018Dsc_0449re
大阪ビジネスパークへ向かう権藤ら自衛隊の砲撃隊員。DVDのオーディオコメンタリーによれば、撮影は早朝に行われたとのこと。【B】

◆城見1交差点付近
Vs_019Dsc08255re
TWIN21」(左)に迫るゴジラ。ちなみに左側は「松下IMPビル」(1990年3月竣工)で、中央は「クリスタルタワー」(1990年8月竣工)です。いずれも、映画公開当時はまだ建設中でした。【D】

◆クリスタルタワー
『モスラ3 キングギドラ来襲』(1998)より
3_01Dsc_0470re3_02Dsc03504re
完成した「クリスタルタワー」の上空は、キングギドラが通過しました。【E】

◆読売テレビ本社ビル・大阪東京海上日動ビルディング
3_03Dsc03483re
キングギドラは、そのまま「読売テレビ本社ビル」(左)と「大阪東京海上日動ビルディング」(右)の上空をかすめ、名古屋方面へ移動します。【F】

Dsc_0459re
実際はこの位置から撮影されていると思います。先の現地写真は、引きが足りなかったので、付近の駐車場から撮影しました。

◆TWIN21①
『ゴジラvsビオランテ』(1989)より
Vs_020Dsc08237re
さて、ANB弾を抱えて「TWIN21」前にやってきた権藤と砲撃隊員たち。【G】

Vs_021Dsc08234re
迫るゴジラを睨む権藤(演:峰岸徹)。実際のゴジラは左側にいるのですが…。

Vs_022Dsc08233re
4つのビルに別れていく権藤たち4人。4つのビルとは、先の「松下IMPビル」と建設中だった「クリスタルタワー」。そして、この双子の「TWIN21」です。

Vs_023Dsc03486re
「TWIN21」に乗り込む権藤。彼が向かったのは右手の、パナソニックグループ関連企業が入居する「OBPパナソニックタワー」です。

Dsc03484reDsc03487re
1階のアトリウムでは、イベントがよく行われています。関西では、24時間テレビ『愛は地球を救う』で、読売テレビの募金会場としてもお馴染みの場所です。

Vs_024Dsc08247re
ゴジラが映し出されているのはパナソニック(旧松下電器)製の大型映像装置「アストロビジョン」です。

『ウルトラマンダイナ』第35話「滅びの微笑(前編)」(1998)より
3501
ここで再び脱線して『ウルトラマンダイナ』より。「滅びの微笑(前・後編)」に登場する、「コスモネット」を共同開発した大阪のPWI中央研究所は、「TWIN21」で撮影されました。

Dsc_0467reDsc_0463re
撮影に使用された1階のパナソニックのショールームは、2013年に開業した「グランフロント大阪」に移転し、現在は閉鎖されています。

3503Dsc03302re
元GUTS隊員のホリイが、PWI中央研究所へ向かうシーン。前回紹介した新鴫野橋のカットの続きです。ホリイの車は、「大阪ビジネスパーク円形ホール(旧MIDシアター)」の駐車場に入っていきます。

3503_2Dsc_0461re
同じ場所から「TWIN21」を見上げたのがこちら。木々がかなり成長しており、視界を遮ります。「TWIN21」は、1986年に竣工。高さ157m、地上38階、地下1階建ての双子ビルですが、名称はそれぞれ異なります。左側が『ゴジラvsビオランテ』で権藤が乗り込んだ「OBPパナソニックタワー」、右側が「MIDタワー」です。

『ウルトラマンダイナ』第35話「滅びの微笑(前編)」(1998)より
3605Dsc03496re
アスカ(演:つるの剛士)に語りかける元GUTS隊員のシンジョウ(演:影丸茂樹)。「滅びの微笑(前・後編)」は、大阪ロケの前・後編というだけでなく、前作『ウルトラマンティガ』のレギュラー陣も出演する豪華版でした。現在は、「ホテルモントレ ラ・スール大阪」が入る「マルイトOBPビル」(2005年竣工)が奥に見えます。

3606Dsc03492re
看板にある「MIDシアター」は、現在「大阪ビジネスパーク円形ホール」という名称に変わっています。

Dsc03495reDsc03500re
私事で恐縮ですが、この番組が放映される2年前に、ここで開かれた新卒合同企業説明会に参加して現職の会社に入りました(^_^;)

◆寝屋川・第二寝屋川合流地点
『ゴジラvsビオランテ』(1989)より
Vs_025Dsc08224re
閑話休題。寝屋川に沿ってスーパーX2の方へと歩み寄るゴジラ。UCCの看板は実在します。【H】

◆大阪城京橋プロムナード
Vs_026Dsc08249re
ありったけのミサイルとバルカン砲の攻撃を受けるゴジラ。【I】

Dsc_0454re
京橋駅と大阪ビジネスパークを結ぶ「大阪城京橋プロムナード」からの眺めが、ちょうどスーパーX2の視点に近いです。

◆片町2丁目付近
Vs_027Vs_028
スーパーX2がかわしたゴジラの放射熱線によって被害を受けた地域は……

続きを読む "ゴジラ60周年ロケ地巡り~『ゴジラvsビオランテ』④(大阪ビジネスパーク周辺)" »

2015年5月17日 (日)

ゴジラ60周年ロケ地巡り~『ゴジラvsビオランテ』③(大阪城・中之島周辺)

『ゴジラvsビオランテ』から、前回に続いて今回も大阪のロケ地をご紹介していきます。今回は、大阪城・中之島周辺です。

◆大阪城・大阪城ホール
『ゴジラvsビオランテ』(1989)より
Vs_002Dsc08219re
大阪港にゴジラが出現した直後、斉藤由貴のヒット曲『夢の中へ』のイントロとともに登場する「大阪城天守閣」。『夢の中へ』は、もともと1973年に井上陽水が発表したヒット曲で、映画で使用された斉藤由貴のカバー盤は、『ゴジラvsビオランテ』の公開と同じ1989年4月21日にリリースされています。当時は、NECのパソコンのCMソングとしても耳馴染みでした。

Vs_003Dsc08220re
続いてカメラは左へパンして隣接する「大阪城ホール」へ。現在は木々が成長していてホールが隠れてしまっています。

Dsc_0247edit
撮影ポイントは、大阪城公園と大阪ビジネスパークを結ぶ「新鴫野橋」付近からと思われます。【A】

Vs_004Dsc08271re
斉藤由貴と思われる女性歌手がコンサートを中止し、観客に避難を呼びかけるシーン。

Dsc_0346reDsc_0339re
この名称石碑は「大阪城ホール」の南玄関前にあります。【B】
「大阪城ホール」は、公式サイトによると、「大阪築城400年まつり」のメインイベント会場として1983年に建設されたそうです。構造は楕円形のドーム式で、最大収容人数は16,000人です。


ところで、このシーンで斉藤由貴がノンクレジットで声だけの出演をしているのは、脚本・監督を務めた大森一樹監督が、同じ東宝で『恋する女たち』(1986)、『トットチャンネル』(1987)、『「さよなら」の女たち』(1987)と、3作にわたって斉藤由貴主演作を手掛けた縁からだと思われます。

『トットチャンネル』(1987)より
01_2
なお、『トットチャンネル』はテレビ放送黎明期の昭和28年頃を舞台にした物語ということで、撮影中のゴジラがトラックで運ばれていくシーンがあります。


富山省吾プロデューサーの著書『ゴジラのマネジメント プロデューサーとスタッフ25人の証言』によると、大森監督は、『トットチャンネル』の製作時点ではすでに『ゴジラvsビオランテ』の脚本・監督として、田中友幸プロデューサーから抜擢されていたようです。

『「さよなら」の女たち』(1987)より
01_3
また、同年の『「さよなら」の女たち』では、川北紘一特技監督がクライマックスで洋館が崩れるシーンの特撮を手掛けています。

『君は僕をスキになる』(1989)より
0102
さらに、『ゴジラvsビオランテ』と同年に公開された『君は僕をスキになる』では、アトラクション用の84ゴジラ(?)が、サンタクロースの格好をして斉藤由貴の前に登場するシーンがあります(ちなみに本作は、1984年版『ゴジラ』の橋本幸治監督が「協力製作」としてクレジットされています)。


この作品で監督デビューした渡邊孝好監督は、先の大森監督による斉藤由貴三部作で監督助手を務めていました。『ゴジラvsビオランテ』との関係性を考えると、ゴジラと斉藤由貴、大森監督と渡邊監督でお互いにエールを送りあっているようで興味深いです。

◆新鴫野橋
『ゴジラvsビオランテ』(1989)より
Vs_005Dsc08217re
Vs_007Dsc_0246re
さて、再び本編に戻ります。人々が避難するシーンは、先の「新鴫野橋」で撮影されています。現在の橋は、映画公開前年の1988年に架け替えられたものです。【A】

『ウルトラマンダイナ』第35話「滅びの微笑(前編)」(1998)より
3502Dsc03297re
ちょっと脱線して『ウルトラマンダイナ』より。元GUTS隊員のホリイが、「コスモネット」を共同開発する大阪のPWI中央研究所へ向かうシーンも新鴫野橋で撮影されています。実は、橋の向こう側は車両通行止めになっており、現実に即して考えるなら、ホリイの車は大阪城へ向かって橋を渡った後、Uターンして戻ってきたことになります。ただ、ホリイはTPC(地球平和連合)科学局の権限で通行できたのかもしれませんが…。

『ウルトラマンダイナ』第36話「滅びの微笑(後編)」(1998)より
3614Dsc03513re
こちらは、後編でウルトラマンダイナが登場するシーン。これも新鴫野橋からのアングルです。

(2013年8月11日/2014年7月28日・8月23日撮影)

◆中之島周辺
『ゴジラvsビオランテ』(1989)より
Vs_013Dsc08314edit
中之島周辺のロケ地は、当ブログで以前に何度かご紹介していますので、今回は「大阪市中央公会堂」に迫るゴジラをフィギュアで再現してみました。本編で大阪港にゴジラが出現するのは日中でしたが、上陸は夜間でした。その間、ゴジラは自衛隊の通常兵器で足止めされていたのでしょうか?

「サラジア・オイル・コーポレーション」が入居するビル
http://tokusatsu.way-nifty.com/blog/2013/09/post-d839.html

大阪市庁・淀屋橋(本編未使用)・中央公会堂
http://tokusatsu.way-nifty.com/blog/2013/09/post-d52a.html

阪神高速破壊シーンの検証
http://tokusatsu.way-nifty.com/blog/2013/10/post-f168.html

198911281
こちらは、映画公開前の1989年11月28日の朝日新聞です。

19891128
ゴジラによる被害状況が克明に記載されているのが興味深いですが、中央公会堂でのチャリティー試写会の広告記事となっています。私は残念ながら応募漏れでした(>_<)

◆大阪マーチャンダイズ・マートビル
Dsc00660re
ゴジラの進路に合わせて中之島から大阪ビジネスパークへ移動する前に、天満橋の「大阪マーチャンダイズ・マートビル(通称:OMMビル)」にちょっと寄り道をします。【C】

Dsc00667re
このビルの屋上から西側を望むと、先の中央公会堂をはじめ、ゴジラの進行ルートを一望できます。

Dsc_0401re
そして、反対の東側を望むと、大阪城や大阪ビジネスパークを一望できるのですが、眼下を見下ろすと……

続きを読む "ゴジラ60周年ロケ地巡り~『ゴジラvsビオランテ』③(大阪城・中之島周辺) " »

2015年5月 7日 (木)

ゴジラ60周年ロケ地巡り~『ゴジラvsビオランテ』②(関西国際空港・大阪港周辺)

お久しぶりです。仕事が繁忙期に突入してしまい、ちょっと間が空いてしまいましたが、前回に続いて『ゴジラvsビオランテ』から、我が地元・大阪のロケ地をご紹介します。

◆関西国際空港
『ゴジラvsビオランテ』(1989)より
Vs_01Dsc05499re
ゴジラと三枝未希が精神感応戦を繰り広げた関西国際空港(以下、関空)。映画公開当時はまだ建設中で、開港は5年後の1994年9月4日。『ゴジラvsスペースゴジラ』が公開された年です。大阪空港行きの飛行機から撮影した現在の写真と比較してみました。

Vs_02Dsc03876edit
ゴジラと向き合う三枝未希(演:小高恵美)。今度は国内線の搭乗口から泉佐野方面を撮影した写真と比較してみました。本編で未希の背後に立っている3本の旗のうち、一番左の旗の後方に見える塔のような建造物が「りんくうゲートタワービル」ではないかと思ったからです。

Dsc02478re
ところが、調べてみると「りんくうゲートタワービル」の工事着工は1992年で、竣工は1996年でした。このアングルがちょうどゴジラ目線ではないかと期待したのですが、残念ながら違ったようです。では、ゴジラはどの方角から三枝未希を見ていたのでしょうか?

Vs_03
再度本編を検証します。謎を解くカギは、空港島と建設基地の位置関係。そして、3本の旗です。とはいえ、本編からは周囲の風景がわかりにくい上、国土地理院の空中写真は1992年以降のものしかありません。しかも、515haの広大な人工島(一期島)の建設基地が、そもそもこの1か所だけなのかどうかも疑問です。

そんな折、関空の建設に携わった企業のサイトを調べていると、「海洋工業株式会社」のWebサイトに建設基地が写っている写真を見つけました。

「動圧密工法」施工写真
http://www.kaiyo-mec.co.jp/dcm/dcm04.htm ※現在は公開されていません

この写真は、奥に関空連絡橋が写っていることから、建設基地の西側から撮影されていることがわかります。特筆すべきは、空港島の三角に突き出た部分が写っている点です。これは、本編での空港島と建設基地の位置関係と一致します。

Vs_012
空港島の三角に突き出た部分は、現在もGoogleマップの航空写真で確認できますので、これで建設基地のおおよその位置が特定できます。さらに、三枝未希は3本の旗を背にして立っていますから、こちらの本編カットと見比べて考察すると、彼女は南向きに立っていたことになります。地図で位置関係を確認します。


未希の立っていた場所(建設基地)をとするなら、ゴジラの出現推定ポイントはの位置となります。
※Googleマップのデフォルトの縮尺は大きいので、ぜひ拡大してご覧ください。

Dsc02408reDsc02399re
こちらは泉佐野側のマーブルビーチから関空を望んだ風景です。これがゴジラ目線に近いアングルということになります。

Dsc02403edit
フィギュアを合成してみました。ゴジラはこのような向きで未希と対峙していたのではないかと思われます。

Vs_02
ところで、再びこのカットに戻りますが、3本の旗の一番左の旗の後方に見える塔のような建造物は、いったい何だったのでしょうか?

続きを読む "ゴジラ60周年ロケ地巡り~『ゴジラvsビオランテ』②(関西国際空港・大阪港周辺)" »

2015年3月 8日 (日)

ゴジラ60周年ロケ地巡り~『ゴジラvsビオランテ』①(芦ノ湖・葛西臨海公園)

Dsc02004edit
今回ご紹介するのは、1989年12月16日に公開されたシリーズ第17作『ゴジラvsビオランテ』です。以後、第22作『ゴジラvsデストロイア』(1995)まで続く、“平成ゴジラ(VS)シリーズ”の第1弾となる作品です。第16作『ゴジラ』(1984)の続編でもありますが、シリアスな前作とは打って変わり、エンターテインメントに徹した内容・演出となっています。ちなみに、昨年夏に実施された日本映画専門チャンネルの「ゴジラ総選挙」では、最終投票で1位を獲得しています。私個人としても、中学校3年の頃に劇場で観て、そのスピーディーなストーリー展開と斬新な特撮映像に、とても感銘を受けた作品です。

◆芦ノ湖桃源台
『ゴジラvsビオランテ』(1989)より
Vs_03Vs_02
まずは、ビオランテが芦ノ湖に姿を現すシーンのロケ地からご紹介していきます。

Dsc00233re
撮影場所は、箱根ロープウェイの桃源台駅のすぐ近くにある駐車場です。本編では、このシーンに70mm合成が使用されています。上半分に特撮ステージで撮影されたビオランテを合成し、そのフィルムをカメラが駐車場からビオランテにティルト・アップするように再撮するといった、当時としては画期的な合成テクニックだったそうです。

Vs_01Dsc00236re
群がる野次馬や報道陣も同じ場所で撮影されています。劇場パンフレットには、クランクイン4日目の1989年9月11日に撮影されたとあります。【A】

Vs_04
「あれはただの植物ではない」と語る白神博士(演:高橋幸治)。

Dsc00241reDsc00242re
観光船の桟橋とは別の桟橋で撮影されたようですが、残念ながら立入禁止でした。【B】

Vs_05Dsc00253re
立入禁止なので、観光船の桟橋方面から。ちょっと遠い…。

Vs_06Vs_08
三枝未希(演:小高恵美)たちの奥に見える建物には、「巨大植物監視本部」が設置されました。

Dsc00246re
撮影に使用されたのはレストラン「樹の館」です。パンフレットにもそのことが記載されていました。お店には入っていないのですが、ビーフカレーとハヤシライスがおススメとか。【C】

Vs_10Dsc00237re
報道陣がカメラを構えていた展望台から見る桟橋。【D】

Vs_07Dsc00238re
ビオランテの触手が破壊した桟橋の先端部は、東宝スタジオの大プールで撮影されたそうです。

Vs_09Dsc00241rew
桟橋はミニチュアでも再現されていました。

『帰ってきたウルトラマン』第34話「許されざるいのち」(1971)より
34_0134_03
芦ノ湖といえば、『帰ってきたウルトラマン』でレオゴンが出現した場所でもあります。レオゴンは、トカゲとウツボカズラを融合した合性怪獣です。原案は『ゴジラvsビオランテ』と同じ小林晋一郎氏で、ビオランテとの共通点を感じます。

(2007年5月2日撮影)

◆葛西臨海公園
『ゴジラvsビオランテ』(1989)より
Vs_01_2Dsc01782rew
バイオメジャーへの抗核バクテリア(ANB)の引き渡しが決まり、取引場所に向かう桐島と権藤。

Vs_02_2Dsc01780re
ロケ地は葛西臨海公園の近く、首都高速の湾岸線と中央環状線を結ぶ葛西JCTの高架下です。

Dsc01772reDsc01786re
映画公開当時にはなかった側道(国道357号線)の高架橋は、荒川河口橋です。1996年に完成しています。ここでちょっと脱線し、右手に注目します。

Dsc02684re
JR京葉線からも見えるこの施設は、東京都下水道局の「葛西水再生センター」です。『ゴジラvsビオランテ』から遡ること7年前……

続きを読む "ゴジラ60周年ロケ地巡り~『ゴジラvsビオランテ』①(芦ノ湖・葛西臨海公園)" »

2015年2月15日 (日)

ゴジラ60周年ロケ地巡り~1984年版『ゴジラ』③(新宿副都心)

1984年版『ゴジラ』から、前回につづいて新宿エリアのロケ地をご紹介していきます。今回は新宿副都心編です。

◆新宿中央公園
『ゴジラ』(1984)より
84_04Dsc03960re
まずは、新聞記者・牧吾郎(演:田中健)が、奥村尚子(演:沢口靖子)に兄が生きていることを告げるシーンから。

Dsc_4028reDsc_4034re
ロケ地は「新宿中央公園」です。現在は、正面に東京都庁の第一本庁舎が建っており、高層ビル群を望むことはできません。 【A】

84_05Dsc03962re
反対側です。こちらは当時の面影が残っていますが、木々がかなり成長しています。

Dsc_4026reDsc_4035re
この橋は「公園小橋」という名前です。景観が変わってしまったためか、夜はひっそりとしていて、とてもカップルが歩くようなデートスポットという感じではありませんでした(^_^;)

8424
この付近は、ハイパワーレーザービーム車によって誘導されたゴジラが、副都心エリアに侵入したポイントでもあります。【B】

8426Dsc_0192re
また、首都防衛戦闘機・スーパーXは、防衛省のある市ヶ谷方面から「新宿NSビル」(左)と「新宿ワシントンホテル本館」(右)の間を通って「公園小橋」の上空付近に飛来しました。

8427Dsc07530re
「新宿ワシントンホテル本館」前で転回するスーパーX。

84217Dsc_0189re
クライマックスで伊豆大島へと去っていくゴジラは、スーパーXの飛行ルートを逆行します。

8423Dsc07526re
さて、再びハイパワーレーザービーム車によって超高層ビル群の方へと誘導されるゴジラのシーンに戻ります。正面に見える橋は「公園大橋」です。【C】

8422Dsc02050re
「公園大橋」からは、副都心エリア出現したゴジラを捉えたこのカットに近いアングルが得られます。

『ULTRAMAN』(2004)より
Ultraman12Dsc_0152re
ちょっと脱線します。新宿中央公園前交差点からは、ビースト・ザ・ワンとウルトラマン・ザ・ネクストが戦った場所を望むことができます。【D】

Ultraman13Dsc_0153re
ザ・ワンの攻撃を受けてザ・ネクストが跳ね飛ばされたのは「水の広場」です。そして、この画面左下付近が……

『ゴジラ』(1984)より
84_06Dsc_4014re
牧が尚子に兄の居場所を教えた場所になります。先の「公園小橋」からカットバックでここへワープします。 【E】

84_07Dsc_4017re
喜び勇んで兄のもとへ向かう尚子。ほとんど当時のままです。

Dsc_4045reDsc_4046re
本編で、尚子が牧の背後をわざわざ回り込んで去っていくのがちょっと不自然に感じていたのですが、実はスロープだったからなんですね。

Dsc03973reDsc_4050re
余談ですが、今回の現地写真は2013年4月と2014年9月に撮影しています。後者はちょうどデング熱騒動のときでした。広場では、薄着で朝の体操されている高齢者の方がたくさんいらっしゃいましたが、大丈夫だったのでしょうか。まあ、カメラを持ってウロウロしていた私もあまり他人のことは言えませんが…。

84_09
カドミウム弾を飲み込んで倒れ込んだゴジラを見物しようと集まった大群衆。このカットは「新宿中央公園」側から捉えたアングルです。群衆がいる辺りは現在、東京都庁の第一本庁舎となっています。

『ゴジラvsビオランテ』(1989)より
Vs_01
次作『ゴジラvsビオランテ』では、5年後の新宿副都心の様子がほぼ同じアングルで描かれています。ゴジラが倒れ込み、倒壊させた「新宿住友ビルディング」(後述)は完全に復旧しており、東京都庁の第一本庁舎は建設中です。第一本庁舎は、前年の1988年に工事が始まり、翌1990年12月に完成しています。画面下の「新宿中央公園・水の広場」付近に、ゴジラの足跡を模した屋根が特徴的な「GODZIILA MEMORIAL LOUNGE」があるという設定になっています。

『ULTRAMAN』(2004)より
Ultraman14
ザ・ワンと対峙するザ・ネクスト。これも前2カットとほぼ同じアングルです。手前に広がる「新宿中央公園」は、管理する新宿区指定管理者のサイトでは「かつて淀橋浄水場だった場所に昭和35年、新宿副都心建設事業の一環として計画され、昭和43年に都立公園として開園」とあります。

Dsc02052reDsc02053re
ただ、実際には公園の敷地のほとんどは、六桜社(現・コニカミノルタ)の写真感光材製造工場だったようです。

Dsc02056re
工場があった頃の様子は、gooの古地図(「昭和22」または「昭和38」を選択)で確認することができます。
http://map.goo.ne.jp/map.php?MAP=E139.41.38.824N35.41.10.046&ZM=10&W=0

参考:『後之先』より「写真工業発祥の地」
http://gonosen.net/2012/09/24/%E5%86%99%E7%9C%9F%E5%B7%A5%E6%A5%AD%E7%99%BA%E7%A5%A5%E3%81%AE%E5%9C%B0%E3%81%AE%E7%A2%91/

◆ハイアットリージェンシー東京
『ゴジラ』(1984)より
84215Dsc_0156re

「新宿中央公園・水の広場」から尚子が走り去っていった先は、ゴジラとスーパーXが対峙していたポイントとなります。【F】

84_13Dsc03799re
そこでゴジラが放射熱線で破壊したのが「ハイアットリージェンシー東京」です。1980年に日本初のハイアットホテル「ホテルセンチュリーハイアット」として開業しています。

『ULTRAMAN』(2004)より
Ultraman11Dsc02072re
正面玄関側は、ザ・ネクストがザ・ワンを押し出した場所です。植え込みの様子が異なっていますが、もしかすると合成しやすいように本編側でCG処理されていた?【G】

◆新宿住友ビルディング
『ゴジラ』(1984)より
84_1084216
ゴジラに倒れ込まれ、そして倒壊させられる「三井住友ビルディング」。

Dsc03785re
地上52階・地下4階、高さは210.3m。映画公開の10年前、1974年3月6日に竣工しています。ちなみに、同年3月21日には『ゴジラ対メカゴジラ』が公開されています。

84213Dsc_0135re
都庁通りからのアングルです。東京都庁の第一本庁舎と都議会議事堂を結ぶ通路に視界を遮られてしまいます。【H】

◆京王プラザホテル
8421484_11
放射熱戦で大穴をあけられるのは「京王プラザホテル」の本館です。

84_12Dsc_0137re
地上47階・地下3階、高さは178m。1971年6月に開業した新宿超高層ビル群の先駆け的存在であり、日本初の超高層ホテルでもあります。被害から逃れた右側の南館(高さ138m)は、1980年に開業しています。【I】

84_02Dsc03995re
「京王プラザホテル」の正面玄関前は、映画前半で「林田生物物理研究所」へ向かう牧の車が通過したポイントです。【J】

◆新宿三井ビルディング
8425Dsc_0125re
ハイパワーレーザービーム車によって超高層ビルの谷間に誘い込まれたゴジラ。左側のビルは「新宿三井ビルディング」(地上55階・地下3階・高さ225m、1974年竣工)、右側のビルは「新宿センタービル」(地上54階・地下4階・高さ222.95m、1979年竣工)です。【K】

『モスラ3 キングギドラ来襲』(1998)より
3_06Dsc03990re
「新宿三井ビルディング」は、1984年版『ゴジラ』では破壊を免れましたが、『モスラ3』ではギングギドラが襲撃します。【L】

Dsc_4062reDsc_4066re
ここも植え込みの様子が当時とは異なります。ということは、先の『ULTRAMAN』もCG処理ではない可能性が高いですね。

3_05Dsc03982re
若干前後しますが、後ろを振り返ると、キングギドラが「新宿NSビル」と東京都庁の第二本庁舎を破壊するカットの撮影ポイントとなります。

Dsc_4061re
その少し先にある、中央通りへ下りる階段では……

3_07Dsc03975re
人々が逃げ惑うシーンが撮影されています。

3_08Dsc_4060re
つづいて、階段から「新宿三井ビルディング」を見上げたカット。先の1984年版『ゴジラ』での煽りカットの撮影ポイントのすぐ近くです。

『ULTRAMAN』(2004)より
Ultraman9Dsc07493re
前回の最後に、崩落する「エステック情報ビル」をザ・ネクストが背中で支える場面の撮影ポイントをご紹介しましたが、その続きのカットです。はす向かいにある「新宿三井ビルディング」側から「工学院大学」を見たアングルです。【M】

Ultraman10Dsc_0128re
「新宿三井ビルディング」越しに対峙するザ・ワンとザ・ネクスト。ここから戦いが始まります。【N】

(2013年4月28日、2014年9月18日・19日撮影/一部2015年3月5日撮影分追加)

最後にオマケです。

続きを読む "ゴジラ60周年ロケ地巡り~1984年版『ゴジラ』③(新宿副都心)" »

2014年11月30日 (日)

ゴジラ60周年ロケ地巡り~『ゴジラ』④(品川・銀座~その2)

前回取り上げた『キングコング対ゴジラ<高画質版>』(1962)に続いて、日本映画専門チャンネル「発掘!お宝特撮特集」では『怪獣王ゴジラ<日本公開シネスコ版>』(1957)も放映されました。

Photo
アメリカでの大胆な再編集、ところどころにトンデモな日本語が飛び交う本編はもちろん必見なのですが、そもそもアメリカ版『GODZILLA KING OF THE MONSTERS!』(1956)は、スタンダードサイズでした。それを、アメリカでの大ヒットを受け、日本で凱旋公開するのにあたって、画面の上下をトリミングし、無理やりシネマスコープサイズにしてしまったのが本作です。


今なら著作権問題に発展しそうですが、本作が公開された1957年は、杉江敏男監督の『大当り三色娘』(1957)を皮切りに、『地球防衛軍』(1957)など東宝版シネマスコープ、いわゆる「東宝スコープ」の作品が上映され始めた時期で、東宝スコープを推したかった東宝としては、オリジナル版の画面構図を犠牲にしてでも「シネスコ版」と銘打って売り出したかったのでしょう。それにしても、今回放送されたこの「シネスコ版」は、今までビデオソフト化されていなかったこともあり、大変貴重です。映像は傷だらけでコマ飛びも激しかったですが、それを放送しようと決断した日本映画専門チャンネルには拍手を送りたいです。

さて、前置きが長くなりましたが、今回は『怪獣王ゴジラ』にちなんで、第1作『ゴジラ』のロケ地をご紹介したいと思います。「ゴジラ60周年ロケ地巡り」シリーズでは4回目となりますが、その後新たに訪れたロケ地を紹介していきます。

ゴジラ60周年ロケ地巡り~『ゴジラ』①(品川・銀座)
http://tokusatsu.way-nifty.com/blog/2014/07/60-4fa7.html

ゴジラ60周年ロケ地巡り~『ゴジラ』②(勝鬨橋)
http://tokusatsu.way-nifty.com/blog/2014/07/60-af1e.html

ゴジラ60周年ロケ地巡り~『ゴジラ』③(札の辻・国会議事堂・石鏡)
http://tokusatsu.way-nifty.com/blog/2014/07/60-6fae.html

◆並木通り
『ゴジラ』(1954)より
_02_2Dsc01593re
人々が避難し、ネオンだけが寂しく光る銀座の街並み。


もう何度も参考にさせていただいている野村宏平著『ゴジラと東京 怪獣映画でたどる昭和の都市風景』によると、奥に森永の広告塔が見えることから「並木通り」とのことでした。なお、東宝株式会社出版事業室発行『東宝SF特撮映画シリーズ VOL.3 ゴジラ/ゴジラの逆襲/大怪獣バラン』(1985初版)に掲載されているシナリオにも、「S#155 静まり返る並木通り(短かく)」とありました。

◆すずらん通り
『ゴジラ』(1954)より
_01_2Dsc01606re
続くこちらのカットは「すずらん通り」です。本編からは「すずらん通り」であることはわかるものの、実際にどの辺りで撮影されたのかがよくわからなかったのですが、前掲の『ゴジラと東京』によると、「みゆき通りとの交差点際にあった洋品店Lunaの看板が見える」とありました。現地写真は「みゆき通り」から北側の「晴海通り」方面を撮影したものです。

◆宝石専門店ミワ
Dsc_3879re
ちなみに、「並木通り」と「すずらん通り」の間のみゆき通り沿いには「宝石専門店ミワ」があります。

『ウルトラマン』第14話「真珠貝防衛指令」(1966)より
141142
科学特捜隊のフジ・アキコ隊員(演:桜井浩子)が、イデ隊員(演:二瓶正也)を伴って訪れるあの宝石店ですね。

◆旧ニッポンビール本社(現・銀座ライオンビル)
『ゴジラ』(1954)より
_03_2Dsc_3865re
ゴジラが破壊するニッポンビール本社は、その前身である大日本麦酒株式会社の本社ビルとして1934年に竣工しています。同年に開業した1階のビヤホールは、現在も「ビヤホールライオン銀座七丁目店」として残っています。なお、ニッポンビール(日本麦酒株式会社)は、1964年にサッポロビール株式会社に社名変更しています。

(2014年9月16日撮影、一部2015年1月31日撮影・改訂)

◆北品川橋周辺
『ゴジラ』(1954)より
_01_3Dsc01123re
東京湾沿岸に張り巡らされた有刺鉄条網に5万ボルトの電流を流し、ゴジラの感電死を図る作戦が決行され、鉄条網から500メートル以内の住民が避難するシーン。


前掲の『ゴジラと東京』や『初代ゴジラ研究読本』『天王洲・品川Walker』によると、品川区にある北品川橋で撮影されたとのことです。

Dsc01145reDsc01147re
北品川橋は品川浦の水路に架かる橋で、大正14年(1925年)9月に竣工。『ゴジラ』本編と比較すると橋そのものは架け替えられているようですが、橋の袂の石柱はそのままです。

_02_3Dsc01132re
先のカットのアングルから少し右へ向くとこのカットになります。本編をよく見ると、大八車の後ろに見える家屋の看板に「はぜ釣」の文字が見えます。

Dsc_0105re
この辺りは釣り舟や屋形船が停泊する船だまりとなっており、現在も船宿がいくつか残っています。

_03_3Dsc01135re
このカットも、北品川橋を別アングルで撮影したものと思われます。ところで、この地域は『ゴジラ』以外にも住民が避難を強いられた地域でした。その作品は……

続きを読む "ゴジラ60周年ロケ地巡り~『ゴジラ』④(品川・銀座~その2)" »

より以前の記事一覧

2017年2月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28        
無料ブログはココログ