« 2015年2月 | トップページ | 2015年5月 »

2015年3月

2015年3月 8日 (日)

ゴジラ60周年ロケ地巡り~『ゴジラvsビオランテ』①(芦ノ湖・葛西臨海公園)

Dsc02004edit
今回ご紹介するのは、1989年12月16日に公開されたシリーズ第17作『ゴジラvsビオランテ』です。以後、第22作『ゴジラvsデストロイア』(1995)まで続く、“平成ゴジラ(VS)シリーズ”の第1弾となる作品です。第16作『ゴジラ』(1984)の続編でもありますが、シリアスな前作とは打って変わり、エンターテインメントに徹した内容・演出となっています。ちなみに、昨年夏に実施された日本映画専門チャンネルの「ゴジラ総選挙」では、最終投票で1位を獲得しています。私個人としても、中学校3年の頃に劇場で観て、そのスピーディーなストーリー展開と斬新な特撮映像に、とても感銘を受けた作品です。

◆芦ノ湖桃源台
『ゴジラvsビオランテ』(1989)より
Vs_03Vs_02
まずは、ビオランテが芦ノ湖に姿を現すシーンのロケ地からご紹介していきます。

Dsc00233re
撮影場所は、箱根ロープウェイの桃源台駅のすぐ近くにある駐車場です。本編では、このシーンに70mm合成が使用されています。上半分に特撮ステージで撮影されたビオランテを合成し、そのフィルムをカメラが駐車場からビオランテにティルト・アップするように再撮するといった、当時としては画期的な合成テクニックだったそうです。

Vs_01Dsc00236re
群がる野次馬や報道陣も同じ場所で撮影されています。劇場パンフレットには、クランクイン4日目の1989年9月11日に撮影されたとあります。【A】

Vs_04
「あれはただの植物ではない」と語る白神博士(演:高橋幸治)。

Dsc00241reDsc00242re
観光船の桟橋とは別の桟橋で撮影されたようですが、残念ながら立入禁止でした。【B】

Vs_05Dsc00253re
立入禁止なので、観光船の桟橋方面から。ちょっと遠い…。

Vs_06Vs_08
三枝未希(演:小高恵美)たちの奥に見える建物には、「巨大植物監視本部」が設置されました。

Dsc00246re
撮影に使用されたのはレストラン「樹の館」です。パンフレットにもそのことが記載されていました。お店には入っていないのですが、ビーフカレーとハヤシライスがおススメとか。【C】

Vs_10Dsc00237re
報道陣がカメラを構えていた展望台から見る桟橋。【D】

Vs_07Dsc00238re
ビオランテの触手が破壊した桟橋の先端部は、東宝スタジオの大プールで撮影されたそうです。

Vs_09Dsc00241rew
桟橋はミニチュアでも再現されていました。

『帰ってきたウルトラマン』第34話「許されざるいのち」(1971)より
34_0134_03
芦ノ湖といえば、『帰ってきたウルトラマン』でレオゴンが出現した場所でもあります。レオゴンは、トカゲとウツボカズラを融合した合性怪獣です。原案は『ゴジラvsビオランテ』と同じ小林晋一郎氏で、ビオランテとの共通点を感じます。

(2007年5月2日撮影)

◆葛西臨海公園
『ゴジラvsビオランテ』(1989)より
Vs_01_2Dsc01782rew
バイオメジャーへの抗核バクテリア(ANB)の引き渡しが決まり、取引場所に向かう桐島と権藤。

Vs_02_2Dsc01780re
ロケ地は葛西臨海公園の近く、首都高速の湾岸線と中央環状線を結ぶ葛西JCTの高架下です。

Dsc01772reDsc01786re
映画公開当時にはなかった側道(国道357号線)の高架橋は、荒川河口橋です。1996年に完成しています。ここでちょっと脱線し、右手に注目します。

Dsc02684re
JR京葉線からも見えるこの施設は、東京都下水道局の「葛西水再生センター」です。『ゴジラvsビオランテ』から遡ること7年前……

続きを読む "ゴジラ60周年ロケ地巡り~『ゴジラvsビオランテ』①(芦ノ湖・葛西臨海公園)" »

« 2015年2月 | トップページ | 2015年5月 »

2017年2月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28        
無料ブログはココログ