« 2014年10月 | トップページ | 2015年1月 »

2014年11月

2014年11月30日 (日)

ゴジラ60周年ロケ地巡り~『ゴジラ』④(品川・銀座~その2)

前回取り上げた『キングコング対ゴジラ<高画質版>』(1962)に続いて、日本映画専門チャンネル「発掘!お宝特撮特集」では『怪獣王ゴジラ<日本公開シネスコ版>』(1957)も放映されました。

Photo
アメリカでの大胆な再編集、ところどころにトンデモな日本語が飛び交う本編はもちろん必見なのですが、そもそもアメリカ版『GODZILLA KING OF THE MONSTERS!』(1956)は、スタンダードサイズでした。それを、アメリカでの大ヒットを受け、日本で凱旋公開するのにあたって、画面の上下をトリミングし、無理やりシネマスコープサイズにしてしまったのが本作です。


今なら著作権問題に発展しそうですが、本作が公開された1957年は、杉江敏男監督の『大当り三色娘』(1957)を皮切りに、『地球防衛軍』(1957)など東宝版シネマスコープ、いわゆる「東宝スコープ」の作品が上映され始めた時期で、東宝スコープを推したかった東宝としては、オリジナル版の画面構図を犠牲にしてでも「シネスコ版」と銘打って売り出したかったのでしょう。それにしても、今回放送されたこの「シネスコ版」は、今までビデオソフト化されていなかったこともあり、大変貴重です。映像は傷だらけでコマ飛びも激しかったですが、それを放送しようと決断した日本映画専門チャンネルには拍手を送りたいです。

さて、前置きが長くなりましたが、今回は『怪獣王ゴジラ』にちなんで、第1作『ゴジラ』のロケ地をご紹介したいと思います。「ゴジラ60周年ロケ地巡り」シリーズでは4回目となりますが、その後新たに訪れたロケ地を紹介していきます。

ゴジラ60周年ロケ地巡り~『ゴジラ』①(品川・銀座)
http://tokusatsu.way-nifty.com/blog/2014/07/60-4fa7.html

ゴジラ60周年ロケ地巡り~『ゴジラ』②(勝鬨橋)
http://tokusatsu.way-nifty.com/blog/2014/07/60-af1e.html

ゴジラ60周年ロケ地巡り~『ゴジラ』③(札の辻・国会議事堂・石鏡)
http://tokusatsu.way-nifty.com/blog/2014/07/60-6fae.html

◆並木通り
『ゴジラ』(1954)より
_02_2Dsc01593re
人々が避難し、ネオンだけが寂しく光る銀座の街並み。


もう何度も参考にさせていただいている野村宏平著『ゴジラと東京 怪獣映画でたどる昭和の都市風景』によると、奥に森永の広告塔が見えることから「並木通り」とのことでした。なお、東宝株式会社出版事業室発行『東宝SF特撮映画シリーズ VOL.3 ゴジラ/ゴジラの逆襲/大怪獣バラン』(1985初版)に掲載されているシナリオにも、「S#155 静まり返る並木通り(短かく)」とありました。

◆すずらん通り
『ゴジラ』(1954)より
_01_2Dsc01606re
続くこちらのカットは「すずらん通り」です。本編からは「すずらん通り」であることはわかるものの、実際にどの辺りで撮影されたのかがよくわからなかったのですが、前掲の『ゴジラと東京』によると、「みゆき通りとの交差点際にあった洋品店Lunaの看板が見える」とありました。現地写真は「みゆき通り」から北側の「晴海通り」方面を撮影したものです。

◆宝石専門店ミワ
Dsc_3879re
ちなみに、「並木通り」と「すずらん通り」の間のみゆき通り沿いには「宝石専門店ミワ」があります。

『ウルトラマン』第14話「真珠貝防衛指令」(1966)より
141142
科学特捜隊のフジ・アキコ隊員(演:桜井浩子)が、イデ隊員(演:二瓶正也)を伴って訪れるあの宝石店ですね。

◆旧ニッポンビール本社(現・銀座ライオンビル)
『ゴジラ』(1954)より
_03_2Dsc_3865re
ゴジラが破壊するニッポンビール本社は、その前身である大日本麦酒株式会社の本社ビルとして1934年に竣工しています。同年に開業した1階のビヤホールは、現在も「ビヤホールライオン銀座七丁目店」として残っています。なお、ニッポンビール(日本麦酒株式会社)は、1964年にサッポロビール株式会社に社名変更しています。

(2014年9月16日撮影、一部2015年1月31日撮影・改訂)

◆北品川橋周辺
『ゴジラ』(1954)より
_01_3Dsc01123re
東京湾沿岸に張り巡らされた有刺鉄条網に5万ボルトの電流を流し、ゴジラの感電死を図る作戦が決行され、鉄条網から500メートル以内の住民が避難するシーン。


前掲の『ゴジラと東京』や『初代ゴジラ研究読本』『天王洲・品川Walker』によると、品川区にある北品川橋で撮影されたとのことです。

Dsc01145reDsc01147re
北品川橋は品川浦の水路に架かる橋で、大正14年(1925年)9月に竣工。『ゴジラ』本編と比較すると橋そのものは架け替えられているようですが、橋の袂の石柱はそのままです。

_02_3Dsc01132re
先のカットのアングルから少し右へ向くとこのカットになります。本編をよく見ると、大八車の後ろに見える家屋の看板に「はぜ釣」の文字が見えます。

Dsc_0105re
この辺りは釣り舟や屋形船が停泊する船だまりとなっており、現在も船宿がいくつか残っています。

_03_3Dsc01135re
このカットも、北品川橋を別アングルで撮影したものと思われます。ところで、この地域は『ゴジラ』以外にも住民が避難を強いられた地域でした。その作品は……

続きを読む "ゴジラ60周年ロケ地巡り~『ゴジラ』④(品川・銀座~その2)" »

2014年11月24日 (月)

ゴジラ60周年ロケ地巡り~『キングコング対ゴジラ』②(後楽園)

今夜は日本映画専門チャンネルで、「発掘!お宝特撮特集」として『キングコング対ゴジラ<高画質版>』が放映されます。本作は、1970年春の「東宝チャンピオンまつり」での上映時にオリジナルネガがカットされてしまい、オリジナル全長版が失われたという事実は有名ですが、今回は「カットされていた部分のネガ、そして海外版のフィルムなど、可能な限りの高画質素材を集め、新たに編集をし直している」とのことです。原版はブルーレイ版と同じなのでしょうか。ちょっと気になるところです。

さて、『キングコング対ゴジラ』のロケ地は、この「ゴジラ60周年ロケ地巡り」シリーズで以前にも取り上げていますが、今回はその後新たに訪れたロケ地をご紹介したいと思います。

◆講道館
『キングコング対ゴジラ』(1962)より
_01Dsc00081re
千葉県松戸市にて高圧電線を突破したキングコングは都内に侵入。白山通りを南下して後楽園付近へ接近します。

_02Dsc00104re
キングコングが拳で破壊するビルは、柔道の大本山「講道館」の本館です。怪獣映画における、いわゆる“怪獣プロレス”の原点となった本作において、キングコングの講道館襲撃は単なる偶然でしょうか?

Dsc00107reDsc00089re
本館の左隣の建物は「講道館国際柔道センター(新館)」です。講道館創立100周年を記念して、1984年に建て替えられたそうです。

Dsc00112reDsc00113re
こちらは、本館玄関に立つ講道館創設者・嘉納治五郎の像。昭和35年(1960年)に作られたということは、映画公開当時にはすでにあったということですね。

_03Dsc00095re
地下鉄丸ノ内線を襲うキングコング。かつての赤い塗装の車両は、1990年代にすべて廃車となっています。

◆後楽園ゆうえんち(現・東京ドームシティアトラクションズ)
_04Dsc00076re
キングコングの手のひらで絶叫するふみ子(演:浜美枝)。眼下に見えるのはミニチュアセットで再現された「後楽園ゆうえんち」です。現地写真は、ほぼ同じ場所から見上げたのものです。

_05Dsc00063rew
ふみ子を手にしたまま国会議事堂へ向かうキングコング。現地写真は、これもほぼ同じ場所からの撮影ですが、遊園地のアトラクション施設はリニューアルを繰り返しており、当時の面影はありません。ところで、「後楽園ゆうえんち」といえば……

続きを読む "ゴジラ60周年ロケ地巡り~『キングコング対ゴジラ』②(後楽園)" »

2014年11月17日 (月)

ゴジラ60周年ロケ地巡り~『ゴジラ対ガイガン』(有楽町・東京タワー)

今回ご紹介するのは、1972年3月12日に公開されたシリーズ第12作『地球攻撃命令 ゴジラ対ガイガン』です。


本作も「東宝チャンピオンまつり」の一篇として製作された作品です。朝日ソノラマ刊『日本特撮・幻想映画全集』によると、「3週間足らずの撮影期間で製作され、特撮シーンも爆発シーンのほかはほとんど1台のカメラで撮影されたほどの低予算映画」だったそうです。そのため、防衛隊が活躍するシーンやキングギドラの都市破壊シーンなどは旧作の映像が大量に使用されていますが、巧みな編集と伊福部サウンドが相まって、ある意味豪華な印象を醸し出しています。特に、防衛隊のメーサー殺獣光線車がアンギラスを攻撃する場面は、東宝特撮ファンなら思わずニヤリとしてしまう名シーンだと思います。


「東宝チャンピオンまつり」といえば、今月末の11/28に、電撃ホビーマガジン編集部から『ゴジラ 東宝チャンピオンまつり パーフェクション』が発売されるそうですね。少々高めの価格設定ですが、このパーフェクションシリーズは毎回内容が充実していますので、今回も期待しています。ロケ地に関するコラムも掲載されるとのことなので楽しみです。

実は、私自身も本作ならびにチャンピオンまつりで公開されたゴジラシリーズを再評価するようになったのは比較的最近のことです。ロケ地探訪もまだ始めたばかりなので、今回ご紹介できるロケ地は限られていますが、例によってところどころ脱線しながらご案内していきます。

◆ニユー・トーキヨー本店
『地球攻撃命令 ゴジラ対ガイガン』(1972)より
_01_2
主人公たちが、「世界子供ランド」の会長と事務局長の身元の洗い出しに出かけるシーンです。まずは、東京高速道路を新橋方面から西銀座方面へと走っていく場面の左側に映る建物に注目です。

Dsc_3905reDsc_3893re
その建物は、現在も有楽町に残る「ニユー・トーキヨー本店」です。ニユー・トーキヨー(企業名は株式会社ニユートーキヨー)は、1937年に創業した外食産業の企業で、この本店(本社ビル)は1957年に建てられたそうです。外装はリニューアルされています。

(2014年9月16日撮影)

『宇宙大戦争』(1959)より
_01P8260022re2
『宇宙大戦争』では、ナタール人の冷却線による反重力攻撃の被害を受けました。現地の写真は、2004年8月に日比谷方面から撮影したものです。現在は、この位置からだと「ニユー・トーキヨー本店」は、手前に建ったビルに隠れて見えなくなっています。右端に映っている「東宝食堂ビル」は本編と一致していますが、こちらは2006年に解体されたそうです。

(2004年8月26撮影)

Dsc01653re
現在はご覧のように建て替わっています。ちなみに右奥の建物は東宝本社のある「東宝日比谷ビル」です。

Dsc01654reDsc01655re
Dsc01656reDsc01659re
来訪ついでに、御神体にご挨拶(^_^;)

(2015年1月31日撮影、追記)

ところで、『宇宙大戦争』といえば、『ゴジラ対ガイガン』ではテーマ曲も流用されていますね。『ゴジラ対ガイガン』の音楽は、すべて伊福部昭さんが過去に担当した東宝映画の楽曲が使用されており(特撮映画に限らず一般映画の楽曲も使用)、オープニングやクライマックスでは、大阪万博の三菱未来館で上映されていた映像(『ハワイ・マレー沖海戦』のDVDに映像特典として収録)の楽曲も使われています。

『大怪獣ガメラ』(1965)より
_03Dsc_3896re
「ニユー・トーキヨー本店」は、大映のガメラシリーズ第1作『大怪獣ガメラ』にも登場します。ちなみに、このカットでガメラが破壊している「ダイエン」(ダイキンのパロディ?)の看板が掲げられているビルですが、現在「ニユー・トーキヨー本店」の隣りにある「九重会館」にそっくりです。ただ、ネットで不動産情報を調べると、竣工が1993年とあったので、映画公開当時からあったビルではないのかもしれません。

_04Dsc_3890re
いよいよ「ニユー・トーキヨー本店」を破壊するガメラ。このビルの地下には当時、「スキヤバシ映画」という大映の封切館があったそうです。ガメラが破壊したのは観客サービスだったのでしょうか?

_05Dsc_3906re
現在、ビルの壁面には「ニユー・トーキヨー本店」と書かれていますが、本編に映る「NEW TOKYO」のロゴは、現在も1階の入口に掲げられています。

_002_003
さてガメラですが、本編では「ニユー・トーキヨー本店」を破壊した後、東京タワーを破壊しに行きます。その後、以前ご紹介した赤坂見附付近を通過し……

_08
なぜか再び有楽町に戻ってきます。ここでガメラは東京高速道路を横切るのですが……

◆旧銀座東芝ビル跡地
『地球攻撃命令 ゴジラ対ガイガン』(1972)より
_02_3
そのポイントがこちらです。再び『ゴジラ対ガイガン』の主人公たちが、「世界子供ランド」の会長と事務局長の身元の洗い出しに出かけるシーンの続きに戻ります。カメラが「ニユー・トーキヨー本店」横を通過した後、左手に初代ゴジラが破壊した「日本劇場」(現・マリオン)、右手に「銀座東芝ビル(銀座TSビル)」が映ります。

『大怪獣ガメラ』(1965)より
_06
「銀座東芝ビル」は、先の『大怪獣ガメラ』にも出てきます。しかし、よく見ると「Toshiba」ではなく「Towa」になっています(^_^;)

_07Dsc_3886re
同じアングルの現在の様子です。「銀座東芝ビル」は2012年9月に解体されたことを以前にお伝えしました。跡地では地上11階、地下5階の新しい商業施設の建設が進んでいます。

(2014年9月16日撮影)

◆東京タワー
『地球攻撃命令 ゴジラ対ガイガン』(1972)より
_3
先ほど東京タワーの話題が少し出てきましたが、『ゴジラ対ガイガン』でも東京タワーは破壊されます。キングギドラの都市破壊シーンが過去作品の流用フィルムで描かれているというのは先述の通りですが、東京タワーの破壊シーンに『三大怪獣地球最大の決戦』のフィルムをそのまま使用するのかと思いきや……

続きを読む "ゴジラ60周年ロケ地巡り~『ゴジラ対ガイガン』(有楽町・東京タワー)" »

2014年11月 9日 (日)

ゴジラ60周年ロケ地巡り~『オール怪獣大進撃』(川崎)

今回ご紹介するのは、1969年12月20日に公開されたシリーズ第10作『ゴジラ・ミニラ・ガバラ オール怪獣大進撃』です。


「東宝チャンピオンまつり」の一篇として製作されるようになった初めての作品で、監督は前作『怪獣総進撃』と同じ本多猪四郎監督です。前回の重厚な東宝SF怪獣路線の色合いとは相反して、本作は、いじめられっ子の少年が夢の中に登場するミニラとの交流を通じて成長していく様を描いた小品となっています。


非常に厳しい予算で製作され、前作同様に多数の怪獣が登場するものの、その多くは過去作品の映像を流用したものとなっています。のっけから『ゴジラ・エビラ・モスラ 南海の大決闘』(1966)や『怪獣島の決戦 ゴジラの息子』(1967)の映像が使われ、見間違えたのかと錯覚してしまうほどです。しかし、そこは本多監督。低予算とはいえ手を抜くことはなく、公害やカギッ子といった当時の世相を背景に、少年向けのファンタジー映画としてうまくまとめています。改めて見直すとよくできた作品だと思います。

また私事で恐縮なのですが、生まれて初めて観たゴジラ映画がこの作品で、確か小学校3年生の頃(1983年頃)、地元・大阪の茨木市民会館で開催されていた子ども映画大会で締めに上映されていました。特撮・怪獣物にハマる少し前だったので、ゴジラ映画ということは意識せず、純粋に主人公の一郎少年が知恵と勇気を振り絞って銀行強盗犯を撃退するというストーリーを楽しんだ記憶があります。子どもにとっては、低予算だからどうとかは関係ない話ですね。

さて、前置きが長くなりましたが、ロケ地の紹介に移ります。実は、本作のロケ地に関してはまだ実地調査が済んでいないことを、あらかじめお断りしておかなければなりません。関西に住む身としては、観光地や出張で訪れる都内・地方の主要都市以外は、なかなか訪れることができないのです…。

◆川崎市川崎区浜町周辺
『ゴジラ・ミニラ・ガバラ オール怪獣大進撃』(1969)より
_01_3_02_4
まずは映画の冒頭、一郎少年とガールフレンドのサチ子が歩く歩道橋。そして、赤い車がミニラの鳴き声のようなブレーキ音を響かせて交差点を曲がるシーンです。


もはや、私のロケ地探訪のバイブルとなりつつある、野村宏平著『ゴジラと東京 怪獣映画でたどる昭和の都市風景』によると、ロケ地は川崎市川崎区の浜町歩道橋とのこと。


大きな地図で見る

Googleマップで確認すると、確かに歩道橋の形が一致します。産業道路と並行して走る貨物線は、現在高架になっています。

_04_2
こちらは、先の歩道橋のシーンの少し前、主題歌『怪獣マーチ』に乗せてトラックがひっきりなしに走るカットです。映画のロケは、一つの場所で複数のカットをまとめて撮ることが多いので、浜町歩道橋の近辺をGoogleマップで隈なく調べてみました。


大きな地図で見る

すると読み通り、浜町の交差点から県道101号線を南へ500mほど下ったところにある高架橋が、本編と一致しました。

_05_2
ところが、それに続いて少年たちが高架橋を渡るこのカットでは、橋の欄干の形状が異なります。こちらは別の場所で撮影されているようです。

◆JR貨物川崎車輌所周辺
_02
一郎とサチ子が貨物線の線路沿いを歩くシーンです。これだけではロケ地の特定が難しかったのですが……

_03
このカットがヒントになりました。一郎が拾った真空管をガキ大将一味に取り上げられる一連のシーンで、一人の少年の背後に「日本ゼオン」のタンクが見えます。「日本ゼオン」のタンクといえば……

続きを読む "ゴジラ60周年ロケ地巡り~『オール怪獣大進撃』(川崎)" »

« 2014年10月 | トップページ | 2015年1月 »

2017年2月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28        
無料ブログはココログ