« 2013年12月 | トップページ | 2014年2月 »

2014年1月

2014年1月26日 (日)

特撮ロケ地巡り~東京・港区編①(田町周辺)

2004年の『ゴジラ FINAL WARS』公開後、10年間沈黙を続けていたゴジラが、今年は遂にハリウッドで復活します。例によって、なかなか情報が出てきませんが、そういうところは30年前の『ゴジラ』(1984)のときと同じようなワクワク感があります。トライスター版のようにならないことを祈りつつ、7月の公開を待ちたいと思います。

『ゴジラ』(1984)は、以前にも書きましたが、私が劇場でリアルタイムで観た初めてのゴジラ映画であり、思い入れのある作品です。今回は、そのロケ地をご紹介します。

◆三菱自動車工業本社(第一田町ビル)
『ゴジラ』(1984)より
841Dsc07336re
大井埠頭から上陸し、銀座・有楽町へ進むゴジラ。その直前に出てくるのがこのカットです。その繋がりがあまりに自然だったので、てっきり銀座周辺の三菱自動車関連のビルだと思っていたのですが、実際には有楽町から約4km離れた田町にある、三菱自動車工業の本社ビルでした。タイアップとして用いられた屋上の「MMC」のネオン看板は、現在はなくなっています。

Dsc_0135re
三菱自動車工業の本社は、一時期品川に移転していたようですが、2007年に再びこの「第一田町ビル」に戻っています。右手前の建物は「港区立港勤労福祉会館」です。本編にも右下に微かに映っています。

余談ですが、この「第一田町ビル」周辺は……

続きを読む "特撮ロケ地巡り~東京・港区編①(田町周辺)" »

2014年1月13日 (月)

特撮ロケ地巡り~横浜編⑥(横浜みなとみらい21~その2)

横浜編の続きです。
前回、『ゴジラvsモスラ』の「みなとみらい21」のミニチュアセットが、本物を忠実に再現していることを確認しましたが、実はセットの一部は省略されていました。

◆汽車道
『ゴジラvsモスラ』(1992)より
Vs_008Dsc_0306re
電飾も素晴らしいミニチュアセットですが、実際には手前にトラス橋があります。

Dsc_0307reDsc09457re
このトラス橋は、「汽車道」という遊歩道の一部です。この遊歩道は、かつては「横浜臨港線」と呼ばれていた貨物支線(1987年廃止)でした。

Dsc_0321re
20世紀初頭の1907年(明治40年)にアメリカで製作されたという桜木町寄りの「港一号橋梁」。その左手には「日本丸メモリアルパーク」が見えます。

『大決戦!超ウルトラ8兄弟』(2008)より
8_2014Dsc09459re
ここに、キングパンドンの火球が直撃。「日本丸メモリアルパーク」については後ほど。

◆運河パーク
8_2017Dsc_0282re
汽車道を抜けたところにある「ワールドポーターズ」周辺は「運河パーク」として整備されており、ウルトラ4兄弟はここで変身しました。現地写真はスマートフォンで撮影したのでイマイチな写りですが、実際にはうっとりするほど美しい夜景が広がっています。

8_2018Dsc_0309re
夜景撮影だと、ディテールがよくわからないので、翌朝、もう一度訪れました。

Dsc_0311re
4人の後方に見えるごみ箱が、若干変わっているようです。

◆赤レンガ倉庫・横浜税関前
『ゴジラ・モスラ・キングギドラ 大怪獣総攻撃』(2001)より
_003Dsc_0248re
運河パークから運河沿いに「赤レンガ倉庫」の方へ歩いて行くと、このアングルに辿り着きます。鹿児島県の池田湖で羽化し、ゴジラを目指して飛来したモスラが、前回ご紹介した「ランドマークタワー」の上で、一瞬羽を休めるシーン。撮影場所は、観光スポットにもなっている「横浜税関」のすぐそばです。

_001Dsc_0247re
同作で、横浜に首都防衛線が展開される場面に出てくるこのカットも、同じ場所から撮影されていると思ったのですが、微妙に角度が異なります。本編では、「ナビオス横浜」が「ランドマークタワー」寄りに見えます。

Dsc_0251reDsc_0254re
「赤レンガ倉庫」までやってきました。ここから「ランドマークタワー」を眺めると、今度は「ナビオス横浜」が被ってしまい、そもそも手前に道路もあるので、まったく見当違いです。おそらく「大さん橋」付近から撮影されているのではないかと思われます。もう少しだけ足を延ばせばよかった…。

◆山下臨港線プロムナード
『大決戦!超ウルトラ8兄弟』(2008)より
8_2016Dsc09443re
闘いに赴くウルトラマンティガことマドカ・ダイゴ(演:長野博)を後押しするハヤタたち。撮影場所は、「横浜税関」の目と鼻の先にある「山下臨港線プロムナード」。「赤レンガ倉庫」のある新港地区と山下公園を結ぶ遊歩道で、1986年に廃止となった貨物支線の高架橋を利用したものです。なお、山下臨港線は、1965年(昭和40年)に完成しており、その翌年に放映された『ウルトラマン』第6話「沿岸警備命令」にも映っています。

◆日本丸メモリアルパーク②
Dsc09469reDsc_0327re
「日本丸」は、船員の養成を目的に1930年(昭和5)年に建造された練習帆船で、1984年(昭和59)年に2代目の「日本丸Ⅱ世」が就航するまで約54年間活躍しました。1985年(昭和60年)からは、みなとみらい21地区の「日本丸メモリアルパーク」内で保存されています。

8_2002Dsc_0316re
『大決戦!超ウルトラ8兄弟』では、「日本丸メモリアルパーク」内にある博物館に学芸員として努めているという設定で、ウルトラマンガイアこと高山我夢(演:吉岡毅誌)と、その同僚のアッコ(演:橋本愛)が登場します。

8_2003Dsc09467re
2人が見つめる先は……

続きを読む "特撮ロケ地巡り~横浜編⑥(横浜みなとみらい21~その2)" »

2014年1月 5日 (日)

特撮ロケ地巡り~横浜編⑤(横浜みなとみらい21~その1)

あけましておめでとうございます。
年末は何かとバタバタしてまして、なかなか更新できませんでした。昨年取材したままアップできていないネタもたくさんあるのですが、また気まぐれに更新していきますので、今年も『気まぐれ特撮道』をよろしくお願いします。

というわけで今年最初の投稿は、昨年の札幌出張の翌週に、同じく出張で訪れた横浜のロケ地巡りです。思えば、この『気まぐれ特撮道』のロケ地巡りシリーズが始まったのは、この横浜からでした。しかも、今度の仕事場は「横浜ロイヤルパークホテル」。ゴジラシリーズに2度も登場した「横浜ランドマークタワー」の中にあるホテルです。前回は体力の消耗と時間切れのため、みなとみらい周辺の探訪は断念した経緯がありましたので、非常にラッキーな巡り合わせです。

◆横浜ランドマークタワーにつながる動く歩道
『ゴジラvsモスラ』(1992)より
Vs_003Dsc09451re
いきなりマイナーなところからすみません。『ゴジラvsモスラ』で、横浜に進攻するゴジラから避難する人々のモブシーンです。このシーンは、JR桜木町駅から「横浜ランドマークタワー」につながっている「動く歩道」(公式サイトの呼称)で撮影されています。『平成ゴジラ大全 1984~1995』(白石雅彦 編著)によると、「エキストラの中には、金子修介、その横に富山省吾の姿がある」とあったのですが、何度見直してもよくわかりませんでした。後に平成ガメラシリーズを撮る金子修介監督が、本作の監督に立候補していたというのはファンの間では有名な話ですが、その縁でしょうか。なお、金子監督は、ガメラシリーズの後に監督した『ゴジラ・モスラ・キングギドラ 大怪獣総攻撃』のクライマックスの舞台として、同じ横浜を選んでいます。

Dsc09493re
本編では、後方に日本丸のマストと、その右側に「日本丸メモリアルパーク」内にある「タワー棟(展望棟)」が見えていますが、先の写真を撮影したときには照明が落ちていたので映っていません。そこで、翌朝に再チャレンジしたのがコレ。ただ、今度は通勤ラッシュの人混みでアングルを探すのに四苦八苦しました。現地で右往左往する私は、さぞや怪しい人だったことでしょう…。

Vs_004Dsc09446re
もう1カットのモブシーン。本編はかなり望遠で狙っていると思われ、画角が随分異なりますが、たぶんここでしょう。ちなみに、この場所から右手を見下ろすと……

続きを読む "特撮ロケ地巡り~横浜編⑤(横浜みなとみらい21~その1)" »

« 2013年12月 | トップページ | 2014年2月 »

2017年2月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28        
無料ブログはココログ