« 特撮ロケ地巡り~大阪編①(中之島~その1) | トップページ | 特撮ロケ地巡り~大阪編③(中之島~その3) »

2013年9月 8日 (日)

特撮ロケ地巡り~大阪編②(中之島~その2)

前回に続き、お約束通り大阪編・中之島の第二弾です。
まずは、『ゴジラの逆襲』でゴジラとアンギラスが激闘を繰り広げた淀屋橋付近から。

◆日本銀行大阪支店旧館
『ゴジラの逆襲』(1955)より
_002Dsc_0266re
手前の橋が淀屋橋で、奥に見える円屋根の建物は「日本銀行大阪支店」の旧館です。

Dsc08303re2
少しわかりにくいので近寄ってみます。1903年(明治36年)にベルギーの国立銀行をモデルに建設されたという石造り3階建ての本格的な洋風建築。どこかで見たような建物だと思ったら、設計者は当ブログで以前にご紹介した東京駅の駅舎を手掛けた辰野金吾さんなのだそうです。納得。

_003Dsc08309re
それを、ゴジラとアンギラスは容赦なく破壊します。

◆淀屋橋
_004Dsc08300re
前回の水晶橋のカットに登場した脱走犯3人衆。

_005Dsc08302re
2大怪獣の脅威から逃れようと、地下鉄構内に逃げ込みます。
ちなみにこの淀屋橋は12年後……

『ウルトラマン』第27話「怪獣殿下 後篇」(1967)より
275Dsc08297re
大阪に出現したゴモラに破壊されました。さらにその22年後……

『ゴジラvsビオランテ』(1989)DVD映像特典より
Vs_034Dsc09092_re
映画本編ではカットされていますが、ゴジラにも破壊されています。

なお、ゴモラもゴジラも、破壊しているのは淀屋橋と同じ形状をした大江橋の可能性もありますが、下の地図で示される通り、大江橋(赤いピン)だと画面右手すぐに阪神高速1号環状線が映るはずですので、淀屋橋(緑のピン)と推定します。
より大きな地図で 淀屋橋周辺 を表示

Dsc09096_reDsc09090_re
ちなみに左の写真が淀屋橋、右の写真が大江橋です。

◆大阪市庁舎
_007Dsc08304re
再び『ゴジラの逆襲』から。映画本編に映るのは3代目庁舎です。ウィキペディアには、ほぼ同じ角度で撮影された写真が掲載されています。現在の庁舎は、1986年に竣工した4代目です。

『ゴジラvsビオランテ』(1989)より
Vs_008Dsc08296re
大阪に上陸するゴジラから人々が避難するシーン。左手の建物が大阪市庁舎です。

Dsc08292re
木で隠れていますが、奥の建物は国の重要文化財に指定されている「大阪府立中之島図書館」です。現在、耐震補強工事中。

Vs_009Dsc08291re
同じく避難シーンから。この後、前回ご紹介した「堂島関電ビルディング」のシーンにつながります。ちなみにこのカット、次作『ゴジラvsキングギドラ』でのキングギドラの福岡襲撃シーンで、フィルムを裏焼き(反転)して流用されています。

『ゴジラvsキングギドラ』(1991)より
Vs_009
今から22年前、『ゴジラvsキングギドラ』公開当時に監督の大森一樹さんがパーソナリティを務められていた、毎日放送の深夜ラジオ『パンゲアクラブ』で、高校生だった私は、ぶしつけにもそのことを質問したことがあります。すると監督は「やってしまいました…。ただ、『スターウォーズ』の2作目でも戦闘シーンが間に合わないいううんで、裏焼きして使ったっていうのを聞いたことがあったんで、それに習ってそうしてます」と苦笑いしながら仰っていました(^_^;)

◆大阪市中央公会堂
『ゴジラvsビオランテ』(1989)より
Vs_013Dsc08314re
北浜方面に架かる橋の上から撮影されています。『vsビオランテ』では、ゴジラによる破壊シーンはありませんが……

『ウルトラマン』第27話「怪獣殿下 後篇」(1967)より
276Dsc08272re_3
ゴモラは派手にぶっ壊しました。このシーンで、攻撃する科学特捜隊の隊員たちは、以前ご紹介した東京・丸の内の「仲通りビル」で撮影されています。

277Dsc08274re
大阪市中央公会堂」も国の重要文化財に指定されています。1918年(大正7年)に完成し、設計者には、先の「日本銀行大阪支店旧館」を設計された辰野金吾さんが名を連ねています。

◆石原ビルディング・白洋舎淀屋橋店・ミズノ大阪店
『ゴジラの逆襲』(1955)より
_008Dsc08312re
再び淀屋橋に戻ります。淀屋橋交差点の南西角にある「石原ビルディング」です。今回の取材で、ある意味一番感動したのがこの建物です。『ゴジラの逆襲』は58年も前の作品なので、重要文化財を除いてはほとんど残っていないだろうと思っていました。東京ほどではないにしろ、大阪の街並みも随分変わっています。

Dsc_0218re
ところが、この「石原ビルディング」は、ほぼ映画公開当時のままで残っていました。しかも、その右隣にある「白洋舎淀屋橋店」や、さらにその右隣にある「ミズノ大阪店」も、建て替えこそされていますが、同じ場所に健在しています!

_009Dsc08311re
「石原ビルディング」は、関西の老舗時計店「石原時計店」のビルです。Webサイトによると、創業はなんと江戸時代。1846年(弘化3年)なのだそうです。現在の「石原ビルディング」は、1939年(昭和14年)に建てられたそうです。

Dsc_0265reDsc_0222re
淀屋橋・北浜周辺はオフィス街ですから、今でこそ周囲のビルに埋もれてしまっている感はありますが、かつては大阪の近代化を象徴するシンボリックな建物の一つだったのでしょうね。『ゴジラの逆襲』の前年に公開された第一作『ゴジラ』(1954)では、東京の「銀座和光本店」(こちらも当ブログで紹介済み)が破壊されていますが、何か共通点を感じます。ゴジラの歴史を語る上でも、東の「銀座和光」、西の「石原ビルディング」として、残リ続けてほしいと思います。

大阪編はまだまだ続きます。Vs_009

(2013年8月11日撮影、一部9月28日・10月18日撮影分追加)

« 特撮ロケ地巡り~大阪編①(中之島~その1) | トップページ | 特撮ロケ地巡り~大阪編③(中之島~その3) »

00.ロケ地巡り」カテゴリの記事

05.近畿地方」カテゴリの記事

A.東宝関連」カテゴリの記事

B.円谷プロ関連」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/588826/58142901

この記事へのトラックバック一覧です: 特撮ロケ地巡り~大阪編②(中之島~その2):

« 特撮ロケ地巡り~大阪編①(中之島~その1) | トップページ | 特撮ロケ地巡り~大阪編③(中之島~その3) »

2017年2月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28        
無料ブログはココログ