« 2013年8月 | トップページ | 2013年10月 »

2013年9月

2013年9月16日 (月)

特撮ロケ地巡り~大阪編③(中之島~その3)

中之島の第三弾です。
『ゴジラの逆襲』で、脱走犯3人衆が逃げ込んだ淀屋橋駅に入ってみました。

◆淀屋橋②~大阪市営地下鉄御堂筋線 淀屋橋駅
『ゴジラの逆襲』(1955)より
_010Dsc_0193re
脱走犯3人衆が逃げ込んだ出入口は、①番でした(詳しくは前回の記事を参照)。そこから一番近い改札口がここです。3人が改札をすり抜けるカットは実写ですが、水が押し寄せるカットはミニチュア、ですよね?(実物大セット?)

_011Dsc_0188re
土佐堀川の奔流にのまれる3人。今ならデジタル合成で、モニターをチェックしながら正確に合成素材の位置や角度を合わせられるのでしょうが、アナログ合成でここまでやってのける東宝特撮陣には脱帽です。しかも、途中でミニチュアに差し替わるのですから凄い!

◆中之島公園
『首都消失』(1987)より
_006Dsc_0199re
ZATの北島隊員・・・もとい、商社マン(演:津村隆)と国際情勢に関する裏情報を交換する関西放送ディレクターの田宮(演:山下真司)。このあと……

_007Dsc08693re
「これからは関西中心の日本やな」と続きます。まあ、残念ながらそうはならなかったのですが。画面の左奥の方向へ進むと……

Dsc_0225reDsc_0220re
すぐ近くに「大阪証券取引所」があります。この付近には商社もたくさん軒を連ね、中之島公園がロケ地に選ばれたのは、そういう理由もあってのことなのでしょう。

ところで、このシーンは歩道橋の上らしき所から撮影されているのですが、現場には歩道橋が見当たりませんでした。

Dsc_0211re
これは、先ほどの撮影ポイントから、道路を渡ったところです。中之島公園自体は当時とあまり変わらないのですが、この位置(下のパノラマ写真の矢印付近)でカメラを右に振っても、先の「これからは関西中心の日本やな」のアングルにはなりません。

Dsc_0276re

そこで登場するのが……

続きを読む "特撮ロケ地巡り~大阪編③(中之島~その3)" »

2013年9月 8日 (日)

特撮ロケ地巡り~大阪編②(中之島~その2)

前回に続き、お約束通り大阪編・中之島の第二弾です。
まずは、『ゴジラの逆襲』でゴジラとアンギラスが激闘を繰り広げた淀屋橋付近から。

◆日本銀行大阪支店旧館
『ゴジラの逆襲』(1955)より
_002Dsc_0266re
手前の橋が淀屋橋で、奥に見える円屋根の建物は「日本銀行大阪支店」の旧館です。

Dsc08303re2
少しわかりにくいので近寄ってみます。1903年(明治36年)にベルギーの国立銀行をモデルに建設されたという石造り3階建ての本格的な洋風建築。どこかで見たような建物だと思ったら、設計者は当ブログで以前にご紹介した東京駅の駅舎を手掛けた辰野金吾さんなのだそうです。納得。

_003Dsc08309re
それを、ゴジラとアンギラスは容赦なく破壊します。

◆淀屋橋
_004Dsc08300re
前回の水晶橋のカットに登場した脱走犯3人衆。

_005Dsc08302re
2大怪獣の脅威から逃れようと、地下鉄構内に逃げ込みます。
ちなみにこの淀屋橋は12年後……

『ウルトラマン』第27話「怪獣殿下 後篇」(1967)より
275Dsc08297re
大阪に出現したゴモラに破壊されました。さらにその22年後……

続きを読む "特撮ロケ地巡り~大阪編②(中之島~その2)" »

2013年9月 1日 (日)

特撮ロケ地巡り~大阪編①(中之島~その1)

前回、『ゴジラvsキングギドラ』と『ゴジラvsスペースゴジラ』の「2作品つながりで福岡へ飛びます」と書いたのですが、日本映画専門チャンネルの3カ月限定企画「特撮国宝-TOKUHO-」で放映中の『首都消失』を観ながら、「そういえば地元の大阪でロケ地巡りをしていなかったなあ…」ということに気がつき、急遽企画を変更することにしました(福岡編はまた秋頃に)。何せ、『気まぐれ特撮道』ですから(^^ゞ

というわけで、夏期休暇を利用して調査した大阪編のスタートです。

◆堂島関電ビルディング
『首都消失』(1987)より
_002Dsc08275re
タイトル後に出てくる大阪のシーン。公開当時に徳間書店から発売されていた『シナリオ版 首都消失』では、「シーン3 走る4WDジープ」とあります。山下真司演じる関西放送(シナリオの記載では「KSテレビ」)の報道部ディレクターが、名取裕子演じるフリー・キャスターの小出まり子を新大阪駅へ送る道中の場面です。本編では、どこかのビルやマンションの屋上から撮影していると思われるのですが、最近はセキュリティ上の問題もあり、さすがに同ポジというわけにはいきません。

Dsc09083_re
ちなみに、ジープは阪神高速1号環状線を南の方へ走っていきますが、新大阪駅とはまったく逆方向へ向かっています。実際には、本編で手前に映るこの北浜ランプで下りて、梅新東から新御堂筋を北上する方が近いですw

Dsc_0263reDsc08286re
ところで、今回注目したいのは、本編の右端に映るこの四角いビル。積水化学工業の大阪本社がある「堂島関電ビルディング」です。『ゴジラvsビオランテ』で「サラジア・オイル・コーポレーション」が入居するビルの外観として使われました。

『ゴジラvsビオランテ』(1989)より
Vs_011Dsc08282re
Vs_012Dsc08283re
大阪に上陸するゴジラから避難する人々を掻き分け、「♪探し物はなんですか~」と鼻歌を歌いながらビルの中へ入っていく自衛隊陸幕調査部の権藤(演:峰岸徹)と、生命科学研究所の桐島(演:三田村邦彦)。桐島が車を乗りつけた場所は、実は歩道でした。

『ゴジラ復活作戦』(1989)より
Vs_001Vs_002
それを当時のメイキング映像で確認してみます。こちらは、『ゴジラvsビオランテ』の公開直前に、大阪の読売テレビが放送していた『ゴジラ復活作戦』という番組の録画ビデオです。過去のゴジラシリーズや『vsビオランテ』のメイキング映像を数日に渡って紹介してくれた、ファンにとっては有難い深夜の特別番組でした。この番組内で大阪ロケの様子が紹介されていたのですが……

続きを読む "特撮ロケ地巡り~大阪編①(中之島~その1)" »

« 2013年8月 | トップページ | 2013年10月 »

2017年2月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28        
無料ブログはココログ