« 2013年6月 | トップページ | 2013年8月 »

2013年7月

2013年7月28日 (日)

特撮ロケ地巡り~東京・銀座編②(数寄屋橋・有楽町周辺)

前回に続いて、銀座編第2弾です。今回は、第1作『ゴジラ』(1954)の公開から30年後に公開された『ゴジラ』(1984)のロケ地を中心にご紹介します。

『ゴジラ』(1984)は、第2作『ゴジラの逆襲』(1955)から第15作『メカゴジラの逆襲』(1975)までの世界観をいったんリセットし、ゴジラを再び人類の脅威として描いた作品です。

◆数寄屋橋交差点付近
『ゴジラ』(1984)より
842Dsc_0158re
写真は日比谷付近で撮影したものですが、ゴジラが歩いているのは数寄屋橋交差点付近です。撮影したのは今年の4月で、本編と比べると右側の建物が変わっています。

P8260023re
これは、9年前の2004年8月に撮影したものです。この頃はまだ、本編と同じような建物を確認できます。建物の陰に隠れていますが、集英社の看板もありました。

843Dsc07383re
再び今年の写真との比較です。本編中央に見える「銀座東芝ビル(銀座TSビル)」は、2012年9月に解体されました。

Dsc_0383rew
跡地は地上11階、地下5階の商業施設になるそうです。ここでもやはり、再開発が進んでいます。

P8260022re
こちらは2004年8月に撮影した写真です。東芝の看板の「T」の文字がわずかに見えます。在りし日の「銀座東芝ビル(銀座TSビル)」の写真は、ウィキペディアでご覧になれます。
2012年9月12日付の『日本経済新聞』によると、同ビルは「1934年に建設され、その後増築された。1956年に数寄屋橋阪急が開業。2004年にモザイク銀座阪急へ衣替えしたが、半世紀以上に渡り銀座の買い物客に親しまれてきた」とあります。

個人的な話で恐縮なのですが、実はこのシーンが私にとって、劇場でリアルタイムで観たゴジラ初体験のシーンでした。小学校4年生のとき、1984年の暮れのことです。当時の映画館は入替制ではなかったので、父親に連れられて中に入ったときに、スクリーンに映し出されていたのがこの場面でした。もちろん、そのあとの2回目で冒頭から全部観直しています(*^-^)

845Dsc07397re
閑話休題。ゴジラが数寄屋橋交差点を通過する際、その足が地面にめり込んでしまうカットです。本編に映る不二家のビルも、1階にある「スキヤカメラ」のニコンハウス店も健在です。ミニチュアがよくできています。

◆有楽町マリオン
846
Dsc07395re
先の数寄屋橋交差点のカットの続きで、バランスを崩したゴジラが「有楽町マリオン」に激突するカットです。

『ゴジラvsキングギドラ』(1991)より
Vs2Dsc_0201re
冒頭で、東京上空に未確認飛行物体が現れるシーン。この作品は、『ゴジラ』(1984)から始まる平成ゴジラシリーズの第3作です。『ゴジラ』(1984)とは同一の世界観になりますので、「有楽町マリオン」はゴジラ襲撃後、元通りに修復されたことになります。人ごみの中で上を向いて撮影していると、実際、このように何事かと一緒に上を向く人が多かったです。すみません……。

続きを読む "特撮ロケ地巡り~東京・銀座編②(数寄屋橋・有楽町周辺)" »

2013年7月27日 (土)

特撮ロケ地巡り~東京・銀座編①(松坂屋・銀座和光)

特撮の聖地を巡る旅。今回は、銀座です。

◆松坂屋銀座店
『ゴジラ』(1954)より
5Dsc07406re
第1作でゴジラに焼かれてしまった「松坂屋銀座店」。大正末期の1924年に開店した老舗の百貨店でしたが、老朽化による建て替えのため、先日6月30日をもって閉店となりました。ここにも再開発の波が……。
建物を取り壊した跡地には、商業施設やオフィスなどが入る地上13階の複合ビルが完成し、2017年春に開業する予定とのことですが、松坂屋が入るかどうかは不明のようです。聖地がなくなってしまうというのは、何とも寂しい限りです。

◆銀座和光
6Dsc07409re
聖地巡りをする上で、絶対に外せない場所の一つが、この「銀座和光本店」の時計塔。
和光のWebサイトによると、初代時計塔は1894年(明治27年)に建てられ、現在のものは1932年(昭和7年)に完成した2代目なのだそうです。

『ゴジラvsデストロイア』(1995)より
Vs1Dsc_0171re
体内で核分裂が飛躍的に活性化したゴジラが、もし核爆発を起こしたら……というイメージシーン。第一作のオーマジュカットのオマージュです(^-^;

『日本沈没』(2006)より
20068Dsc_0170re
水没する銀座周辺の様子。『ゴジラvsデストロイア』と、ほぼ同じアングルです。

7
再び『ゴジラ』(1954)より、時計塔の鐘の音に反応し、塔を破壊するゴジラ。
先の和光Webサイトによると、「昭和29(1954)年6月10日『時の記念日』からは、ウエストミンスター式チャイムの音が鳴り響くようになりました。」とありました。

8
崩れる時計塔の破片が、地下鉄出入口に隠れる警官隊(?)に降り注ぐシーン。
和光本店周辺に、地下鉄の出入口は2つあります。

Dsc07421re
現地の案内図にある「A9」と「A10」です。本編に出てきたのはどちらでしょうか?

続きを読む "特撮ロケ地巡り~東京・銀座編①(松坂屋・銀座和光)" »

2013年7月21日 (日)

特撮ロケ地巡り~東京・千代田区編②(ウルトラQのロケ地を訪ねて)

前回に続いて千代田区編の第2弾。今回は『ウルトラQ』のロケ地探訪です。

◆日比谷
『ウルトラQ』第4話「マンモスフラワー」(1966)より
Q44Dsc07533re
皇居のお堀に浮かぶ“妙なモノ”を見る人々。
この第4話は、『ウルトラQ』の制作第1話であり、主人公・万城目淳を演じた佐原健二さんの著書『素晴らしき特撮人生』や、江戸川由利子役の桜井浩子さんの著書『ウルトラマン青春期』によると、この皇居のお堀前のシーンからクランクインしたそうです。

Dsc_0203re
場所は日比谷の交差点付近。人々の後ろに見える建物は「第一生命館」です。
終戦後、GHQに接収され、総司令部本部として使用された歴史ある建物で、東京都の歴史的建造物にも選定されているそうです。1989年から1995年にかけて、増築・改装が行われ、現在は「DNタワー21」という名称になっています。

Q47Dsc07539re
お堀に浮かぶ“妙なモノ”(=巨大植物ジュランの根)の合成カット。
当時と同じ木なのかどうかは不明です。

Q48Dsc07535re
このお堀は「日比谷豪」というそうです。
眺めていると、ジュランの根ではありませんが、何やら動くものが……

続きを読む "特撮ロケ地巡り~東京・千代田区編②(ウルトラQのロケ地を訪ねて)" »

2013年7月10日 (水)

特撮ロケ地巡り~東京・千代田区編①(ウルトラマンのロケ地を訪ねて)

7月10日は、今から47年前に『ウルトラマン』が初めて放送された「ウルトラマンの日」。ということで、今回は『ウルトラマン』のロケ地探訪です。

◆丸の内仲通り
『ウルトラマン』第2話「侵略者を撃て」(1966)より
2324
異変が起きた科学センターへ調査に向かうアラシ隊員の車。その車にこっそり便乗したホシノ少年(演:津沢彰秀)。2人の会話シーンをよく見ると、実は同じ場所を何度も繰り返し走って撮影されていることがわかります。ここは、『ウルトラマン』や『ウルトラQ』『ウルトラセブン』など、初期のウルトラシリーズで都会をイメージしたシーンには必ずといっていいほど使用された場所です。

Dsc07543re
こちらは現在の仲通り。2000年代に入って再開発が進み、今ではすっかりオシャレな街並みになりました。初期ウルトラシリーズに出てくる建物もどんどん建て替えが進み、残念ながら当時の面影は失われつつあります。

『ウルトラマン』第33話「禁じられた言葉」(1967)より
331Dsc07565re
巨大フジ隊員(演:桜井浩子)が出現するシーンも同じ場所です。

『ウルトラQ』(1966)より
Q415Q162
左は第4話「マンモスフラワー」で巨大植物ジュランが開花するシーン、右は第16話「ガラモンの逆襲」でガラダマ(ガラモンを載せた巨大な隕石)が東京上空に飛来するシーン。これらも同じ場所です。そして、左手前のビルに注目します。

◆丸の内仲通りビル(旧三菱電機ビルヂング)Dsc_0212re
『ウルトラマン』に最もよく登場するビルです。

Dsc_0214reDsc_0215re

続きを読む "特撮ロケ地巡り~東京・千代田区編①(ウルトラマンのロケ地を訪ねて)" »

2013年7月 6日 (土)

特撮ロケ地巡り~東京・品川編②(品川駅周辺)

前回に引き続き品川編の第二弾。今回は『ゴジラvsデストロイア』、『ゴジラ×メカゴジラ』、そして『帰ってきたウルトラマン』のロケ地をご紹介します。

◆品川グランドコモンズ付近
『ゴジラvsデストロイア』(1995)より
Vs5Dsc_0118re
デストロイアが品川に襲来する場面。本編で人々が逃げる空き地は、かつて東海道新幹線の車両基地があった場所です。現在は、品川駅東口の再開発事業で「品川グランドコモンズ」となっています。写真はその一角にある「京王品川ビル」から撮影しています。

ちなみに、新幹線の車両基地があった頃の様子は「しながわWEB写真館」の航空写真で見ることができます。
http://www.city.shinagawa.tokyo.jp/photo/?cls=srchdtl&pid=32080

◆品川駅前(高輪口)
Vs3Dsc_0132re
同じくデストロイア襲来シーンより。奥に見えるビル群が「品川グランドコモンズ」です。

Vs4Dsc_0131re
横断歩道のデザインが変わっているぐらいで、高輪口側はそれほど大きな変化はありません。この横断歩道の右手には……

続きを読む "特撮ロケ地巡り~東京・品川編②(品川駅周辺)" »

« 2013年6月 | トップページ | 2013年8月 »

2017年2月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28        
無料ブログはココログ