« ウルトラシリーズの撮影所~在りし日の東宝ビルト | トップページ | 特撮ロケ地巡り~伊豆半島編②(下田周辺のロケ地あれこれ) »

2013年1月13日 (日)

特撮ロケ地巡り~伊豆半島編①(ウルトラセブンのロケ地を訪ねて)

遅ればせながら、あけましておめでとうございます!
今年も『気まぐれ特撮道』をよろしくお願いいたします。

さて、現在WOWWOWでは「ウルトラ三大プロジェクト」ということで、ウルトラシリーズが盛り上がっていますね。一昨日からは『ネオ・ウルトラQ』の第1話も始まりました。そして、『ウルトラマン』に続き『ウルトラセブン』の「ハイビジョンリマスター版」も放映中です。

私は残念ながらWOWWOW未加入なので視聴できないのですが(>_<)、いずれの作品も第1話は無料放送で拝見しました。特に『ウルトラセブン』は、45年前の作品と思えないくらい美しかったですね。Webサイトで紹介されている特集コラムも興味深いです。

ウルトラセブンといえば、昨年『ウルトラセブン研究読本』(洋泉社)が出版されました。年末年始に読んでいたのですが、この手のジャンル本の中では近年に稀にみる取材量で、初めて知る事実も多く、編集に携わった関係者のみなさんの愛を感じる一冊でした。Amazonではプレミアがついてますね。

いま、“ウルトラセブンが熱い!”ということで、今回はウルトラセブンのロケ地巡りをご紹介してみようと思います。とはいえ、6年前の話になりますが…

◆入田浜
Dsc00045_w
Dsc00111_reDsc00112_re
静岡県下田市にある入田浜。ロケ地巡りでここを訪れたのは6年前のことですが、実はその3年前にもここへ来たことがありました(あれからもう10年が経つなんて…)。そのときは、この入田浜がウルトラセブンのロケ地だということを知りませんでした。

初期ウルトラシリーズのロケ地に関しては、以前にもご紹介した「ウルトラシリーズロケ地探訪」(tuzukiさん)や、「光跡」(Qちゃんさん)が詳しいのですが、そういった諸先輩方のサイトを拝見して、かの名作「ノンマルトの使者」(42話)や、『帰ってきたウルトラマン』の最終回「ウルトラ5つの誓い」のロケ地であったことを後で知り、歯がゆい思いをしたのでした。

いわば後追いのロケ地巡りとなるわけですが、二度目の旅で、私なりにちょっとした新事実も発見できました。

『ウルトラセブン』第42話「ノンマルトの使者」(1968)より
Seven42_2Dsc00080_re

冒頭、魚を射止めたモロボシ・ダン(演:森次晃嗣)が、アンヌ(演:ひし美ゆり子)のもとへやってくる場面。岩の窪みの形が一致しています。

Seven42_3
物語の中盤で、アンヌ隊員に「人間は地球の侵略者だ」と語る謎の真市少年。そこへやってくるダンのカットも同じ場所です。いずれも入田浜の東側、ホテルジャパン下田寄りの岩場で撮影されています(地図参照)。

大きな地図で見る

上の地図で打った緑の矢印の場所は、以下に紹介するラストシーンの撮影ポイントです。

Seven42_4Dsc00050_re
「ウルトラ警備隊の馬鹿野郎!」と叫ぶ真市少年が立っていた場所です。当時のままかわかりませんが、本編と同じように木柱がありました。

Dsc00070_re
電柱? 一体何のための木柱なんでしょうかね?

Seven42_5Dsc00061re
岩場の先には真市少年の母親が立っていた場所があります。

Seven42_6Dsc00063_re
さすがに真市の墓標はありませんが、本編の画面手前に見える人工的な四角い穴は残っていました。これも何の穴だったのでしょうかね?

Dsc00059re
オマケです。岩場へ向かう相方(家内)。板を渡しただけの細い橋を渡り、岩にしがみつくようにして歩いた記憶があります。ここを重い機材を担いで渡った当時のスタッフや、和服姿の母親役の女優さんは大変だったと思います。

『帰ってきたウルトラマン』第51話「ウルトラ5つの誓い」(1972)より_1Dsc00072re
ルミ子(演:岩崎和子)の夢に出てくる郷秀樹(演:団時朗)との結婚式のシーン。海の奥には須崎半島が見えます。この場面も和装な上に朝日狙いと大変な撮影だったでしょう。

_2Dsc00088re
ルミ子の夢をぶち壊すバット星人が立っていた場所。先の「ノンマルトの使者」でダンだ立っていた場所と同じ岩場です。

_3Dsc00087_re
ラストシーンで郷の死を悼み、敬礼するMAT隊員。岩場付近に流れる川のそばで撮影されていると思われますが、この辺?

_6Dsc00083re
ルミ子と次郎を残してその場を立ち去ったMAT隊員たちが、ふと振り返った場所です。ちょっとずれてしまいました…。

_7Dsc00075re
ウルトラの星へ帰るウルトラマンを見送るルミ子と次郎(演:川口英樹)。感動的なラストカットですが、サーファーさんが…。

『ウルトラセブン』第22話「人間牧場」(1968)より
Seven22_3Dsc00118_re
再びセブンから。ブラコ星人に誘拐されたアンヌ隊員の友人・ルリ子が発見された場面。本編では木々越しに撮影されていたので、海岸沿いの道路から同じように撮影してみました。

Seven22_4Dsc00054re
上の続きで、カメラがズームしたところです。洞窟の形が一致しています。

Dsc00052_re
先述の「ノンマルトの使者」のラストシーンの岩場近くにありました。

Seven21_1
ところで、この22話と1つ前の第21話「海底基地を追え」には、オープニングに「協力 伊豆下田・浜のホテル」というクレジットがあります。

Seven22_1
22話では本編に外観も出てきます(拡大して画面左上に注目)。おそらくタイアップだとは思うのですが、現在、そのような名前のホテルは現地に存在しません。

Dsc00115_reDsc00071_re
付近にはTBSの保養施設「TBS下田クラブ」がありますが、浜辺にあるホテルといえば「浜辺の宿 濤亭(とうてい)」ぐらいです。

Dsc00114_re
ちなみに、このときに宿泊したのは「濤亭」でした。
で、旅の疲れを癒そうと、ホテルにチェックインして湯殿に向かおうとしたそのときです・・・

Dsc00047_re
なんと、部屋のクローゼットに掛けられたハンガーに「浜のホテル」と書いてあるではありませんか!?

「濤亭」の公式Webサイトには、開業年や沿革について詳しいことは書かれていません。「浜のホテル」が本当にリニューアルされて「濤亭」になったのかどうか。今となっては、永遠の謎となってしまったのです(女将さんに聞いてみればよかっただけなんですけど…)。

Dsc00105_reDsc00101_re
またまたオマケです。「濤亭」の名物、地金目鯛の姿煮・伊勢海老のお造り。美味です!

Dsc00124_re
エレベータの内装はどことなく実相寺監督風?…いや、こりゃ失礼(笑)

『ウルトラセブン』第21話「海底基地を追え」(1968)より
Seven21_2Dsc00044_re
ラストシーンで浜辺に佇み、朝日を見つめるモロボシ・ダン。本編の画面左奥に須崎半島の一部が見えます。高所からの引きの映像ですが、入田浜で撮影されたとすれば、この回にクレジットのみで登場する「浜のホテル」か、TBSの施設から撮影されたのではないでしょうか?

しかし、ロケ地巡りを始めたばかりの頃で、いま思うと誠に中途半端な取材でした。
反省(^_^;)

(2007年4月30日撮影)

« ウルトラシリーズの撮影所~在りし日の東宝ビルト | トップページ | 特撮ロケ地巡り~伊豆半島編②(下田周辺のロケ地あれこれ) »

00.ロケ地巡り」カテゴリの記事

04.中部地方」カテゴリの記事

B.円谷プロ関連」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/588826/56528602

この記事へのトラックバック一覧です: 特撮ロケ地巡り~伊豆半島編①(ウルトラセブンのロケ地を訪ねて):

« ウルトラシリーズの撮影所~在りし日の東宝ビルト | トップページ | 特撮ロケ地巡り~伊豆半島編②(下田周辺のロケ地あれこれ) »

2017年2月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28        
無料ブログはココログ