« 2012年10月 | トップページ | 2012年12月 »

2012年11月

2012年11月25日 (日)

特撮ロケ地巡り~京都編③(京都駅~その2)

前回に引き続き、京都駅における『ガメラ3 邪神〈イリス〉覚醒』(1999)の撮影スポットをご紹介していきます。

今回も位置関係など、文章ではお伝えしにくいところがありますので、駅ビルサイトの案内MAPと一緒にご覧いただければと思います。
http://www.kyoto-station-building.co.jp/about/06.html

◆駅前広場
Dsc_0027re
烏丸中央口の改札を出たところ。秋の観光シーズンというだけあって、とにかく人が多いです。

Dsc_0029reG3_001
台風の影響で列車が運転休止になったことを案内する駅員さんのシーン。独特のなまりが耳に残ります。

Dsc06630reG3_004
先のカットの続きで、長峰(演:中山忍)ら一行が京都駅に到着し、足止めを食う場面。駅員さんが説明していた場所のちょうど裏側になります。

Dsc06632reG3_006
何かに導かれるように、突如駆けだす綾奈(演:前田愛)。人多過ぎ!

Dsc_0018reG3_007_2
エスカレーターを駆け上がる綾奈。ここも人が多くて、写真を撮るのが憚られました。粘ってようやく撮れたのがこれです。

◆室町小路広場①
Dsc_0016reG3_008
綾奈が目指したのは「室町小路広場」です。そこから東寺の五重塔付近に降臨したイリスを見つめるシーン。画面右の壁面の模様(排気口?)から、場所は間違いないと思うのですが、またしても「ホテル近鉄京都駅」に視界を遮られました…

続きを読む "特撮ロケ地巡り~京都編③(京都駅~その2)" »

2012年11月24日 (土)

特撮ロケ地巡り~京都編②(京都駅~その1)

少し間が空いてしまいましたが、前回予告させていただいた通り、今回は京都編の続きをお届けします。ご紹介するのは『ガメラ3 邪神〈イリス〉覚醒』(1999大映)の舞台となった京都駅です。

◆京都駅ビル
Dsc_0031reG3_023
まずはいきなりクライマックスの爆発・炎上シーンから。ミニチュアが相手なので、なかなか同じアングルというわけにはいきません…。

Dsc_0038reG3_024
これも、もう少し後ろに下がって引きのアオリで撮りたいのですが・・・

続きを読む "特撮ロケ地巡り~京都編②(京都駅~その1)" »

2012年11月11日 (日)

特撮ロケ地巡り~福岡編③(中洲)

先週、中洲川端のホテルでイベントの仕事がありましたので、さっそくロケ地巡りに行ってきました。ここ何年かで取材した分とあわせてご紹介したいと思います。

中洲は九州最大の歓楽街といわれるだけのこともあり、屋台街のビジュアルとともに博多の代名詞というイメージがあります。そのためか怪獣頻出地域でもあり、3作品で舞台となっています。興味深いのは、以前ご紹介した「福岡ドーム」と「ヒルトン福岡シーホーク」の関係のように、ロケ場所が作品ごとに微妙に棲み分けされていることです。

Dsc01445re2008年4月10日撮影
①が東宝の『空の大怪獣ラドン』(1956)、②が同じく東宝の『ゴジラvsキングギドラ』(1991)、③が大映(現・角川映画)の『ガメラ 大怪獣空中決戦』(1995)のロケ地です。

◆西大橋付近
『空の大怪獣ラドン』(1956)より
_1Dsc01447re
高速で飛行するラドンの衝撃波で破壊される街。場所は先の写真の①付近です。本編で左手に見える大きなビルは映画公開当時は「日活ホテル」(のちに城山ホテル)でした。現在は「アクア博多」というオフィスビルになっています。(2008年4月10日撮影)

_2Dsc_0007re
一番左手に見えるビルが一致しています。(2012年7月12日撮影)

Dsc_0029re
「花関ビル」というそうで、ブログ『よかてつ。活動記録』さんによりますと、なんと「大正15年築」とのこと。かつてKBC(九州朝日放送)のラジオ局があったり、地元では日立のネオンサインでも有名だったようです。また、『Web地図の資料館』より「アンティーク絵葉書に観る、懐かしの博多・東中洲」の写真を拝見すると、昔は結構にぎわっていたことがわかります。

ただ、この写真を撮影したときは妙に廃墟っぽい感じでした。後で知ったのですが、実はこのときすでに取り壊しが決まっていたそうですね。そして現在は…

続きを読む "特撮ロケ地巡り~福岡編③(中洲)" »

2012年11月 4日 (日)

特撮ロケ地巡り~京都編①(京都タワー)

この週末、大学時代のゼミの同窓会が京都で行われましたので、ついでにロケ地巡りをしてきました。奇しくもこの日はゴジラの誕生日。シリーズ第一作『ゴジラ』(1954)が公開された日です。何という巡り合わせ!(勝手に言ってるだけですが…)

◆京都タワー
『ゴジラvsメカゴジラ』(1993)より
Vs_002Dsc_0072re
四日市コンビナートから上陸し、鈴鹿を経て、ベビーゴジラの生まれた生命科学研究所のある京都へとやって来たゴジラ。京都駅八条口前の「ホテル京阪 京都」のエレベーターから撮影してみました(実際は屋上か客室から撮影?)。映画公開当時は、京都駅ビルがまだありませんでした。

Vs_004Dsc_0025re
続いて、京都駅烏丸中央口前にそびえ立つ「京都タワー」(1964年竣工)を破壊するゴジラ。バス乗り場の屋根が邪魔をして同じようなアングルを見つけるのになかなか苦労しました。

Dsc_0033re
今回は京都駅付近を歩き回ってみたわけですが、特撮ファンにとって京都駅といえば『ガメラ3 邪神覚醒』(1999)が印象深いと思います。もちろん今回も取材しています。ただ、駅構内はかなり広くて様変わりしており、且つ人も多くて、一部時間切れとなってしまいました。近々イベント業で京都を再訪しますので、そのときに追加取材分も含めて大特集したいと思います。どうぞお楽しみに!

でもその前に、次は再び福岡編となります(^_^;)

(2012年11月3日撮影)

オマケ↓

続きを読む "特撮ロケ地巡り~京都編①(京都タワー)" »

2012年11月 3日 (土)

特撮ロケ地巡り~東京・赤坂見附編③(ホテルニューオータニ~その2)

まもなく最新作『007 スカイフォール』が公開される007シリーズ。その5作目に当たる『007は二度死ぬ』は、日本が舞台でした。敵のアジト「大里化学工業」の外観には、ホテルニューオータニ「ザ・メイン」が使用されました。

◆ホテルニューオータニ東京
『007は二度死ぬ』(1967)より
120313_re007_001
ジェームズ・ボンド(演:ショーン・コネリー)が殺し屋になりすまし、「大里化学工業」に潜入するシーン。「ザ・メイン」は近年リニューアルされ、外装が変わっています。

Dsc06584_re007_002
秘密情報を盗み出し、逃走するボンド。「ザ・メイン」の四ツ谷・麹町方面玄関口で撮影されています。こちらもリニューアルされており、若干変わっています。

Dsc06589_re007_003
続いて警備員(銃を持っているので殺し屋?)と撃ち合いになる場面。同じ場所のはずなのですが、左手前の柱の感じが本編とちょっと違う気もします。もう少し後ろから望遠気味で撮影していたのかも。

Dsc06576_re007_004
アキ(演:若林映子)が運転するトヨタ2000GTに乗り込むボンド。地下駐車場の入口付近の様子が少し変わっています。

続きを読む "特撮ロケ地巡り~東京・赤坂見附編③(ホテルニューオータニ~その2)" »

« 2012年10月 | トップページ | 2012年12月 »

2017年2月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28        
無料ブログはココログ