« 2012年9月 | トップページ | 2012年11月 »

2012年10月

2012年10月28日 (日)

特撮ロケ地巡り~東京・赤坂見附編②(ホテルニューオータニ~その1)

先週公開した「特撮ロケ地巡り~東京編①(赤坂見附・弁慶橋)」ですが、その後たまたま昭和ガメラシリーズをチェックしていたら、そこにも出てきていましたので一部追記させていただきました。よろしければご覧ください。

さて、今回取り上げるのは「ホテルニューオータニ」です。私は泊まったことはないのですが、イベントのお仕事では何度かお世話になっており、先日の東京出張の仕事場でもありました。ここがいろいろな作品に登場するということで、2回に分けてお届けしたいと思います。

◆ホテルニューオータニ東京
『ウルトラQ』第6話「育てよ!カメ」(1966)より
Q6Dsc_0046_re
99センチに成長したカメが、太郎少年を乗せて竜宮へと向かうシーンに、「ザ・メイン」と呼ばれる建物の外観が1カット映ります。現地写真は、外堀通りから首都高速越しに撮影しました。下の地図でポイント(A)を打っている場所です。

大きな地図で見る

一見すると間違いないように思われるのですが、この「ザ・メイン」は、中央の回転ラウンジから三方向へ広がる構造となっています。ということは、本当にこの場所で正しいのかという疑問が出てきます。ということで、今回もさっそく現場を検証してみたいと思います。

続きを読む "特撮ロケ地巡り~東京・赤坂見附編②(ホテルニューオータニ~その1)" »

2012年10月21日 (日)

特撮ロケ地巡り~東京・赤坂見附編①(赤坂見附交差点・弁慶橋)

先日、イベントの仕事で東京へ行ってきました。その会場がまた特撮の“聖地”の一つということで、さっそくロケ地巡りです。

◆赤坂見附交差点
『ウルトラQ』第28話「あけてくれ!」(1967)より
Q28_01Dsc_0010_re
異次元列車が空を走るタイトルバック。ロケ地は赤坂見附の交差点付近です。国道246号線に跨る歩道橋の上から撮影しました。ところが、本編とは微妙に位置が異なります。本編はもっと引いた場所から撮影されており、首都高速4号新宿線が右手前に伸びているのが見えます。4号新宿線は、現地写真では右手の並木のさらに右側にあり、歩道橋の上からは見えません。

『ウルトラセブン』第1話「姿なき挑戦者」(1967)より
1Dsc_0008_re
第1話のファーストカットも同じ場所です。本編は暗くてよくわかりにくいですが、左上に青山通りが映っているので、少し高めの位置から撮影されている気もします。ではどこから撮影されたのか。現場を検証してみます。

続きを読む "特撮ロケ地巡り~東京・赤坂見附編①(赤坂見附交差点・弁慶橋)" »

2012年10月 8日 (月)

特撮ロケ地巡り~福岡編②(シーホーク・福岡タワー・マリゾン)

このところ本業が忙しくて更新が滞っていたのですが、久々に覗いてみるとアクセス数が1000を超えていて、これまたびっくりです。ありがとうございます!

かなり間が空いてしまいましたが、福岡編再開です。
前回は『ガメラ 大怪獣空中決戦』(1995)の重要なロケ地・福岡ドーム(現「福岡 ヤフオク!ドーム」)をご紹介しましたが、今回は平成ゴジラシリーズより『ゴジラvsスペースゴジラ』(1994)のロケ地をご紹介していきます。

◆ヒルトン福岡シーホーク
Dsc05784__008
まずは、スペースゴジラの反重波によって操られたゴジラが激突したヒルトン福岡シーホーク。外観が大きく異なります。シーホークの開業は、1995年4月28日。本映画が公開されたのは1994年12月10日ですから、製作時はまだ完成していませんでした。しかし、それにしては違いすぎます。未完成の建物を壊すという製作会社(東宝)側の配慮なのか、ホテル側の反対があったのか、実際のところはどうだったのでしょうか。

Dsc_5591_
ところで、ヒルトン福岡シーホークと福岡ドームは目と鼻の先です。というか隣接しています。なのに、『ガメラ 大怪獣空中決戦』にはヒルトン福岡シーホークや、後で紹介する福岡タワーが一切映りませんし、『ゴジラvsスペースゴジラ』に福岡ドームは一切映りません。これもまた謎です。

そこでちょっと調べてみると…

続きを読む "特撮ロケ地巡り~福岡編②(シーホーク・福岡タワー・マリゾン)" »

« 2012年9月 | トップページ | 2012年11月 »

2017年2月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28        
無料ブログはココログ